2017アサクラオイル完成!

アサクラ オイル完成〜〜

ノンフィルター
ノンデカンテーション
(果肉沈殿分離)
を一切せずに

搾油機からでたそのままを
即瓶めし、
日本のみなさんにお届けします。

アサクラ オイルの特徴は、
アブルッツォ州
この地区の在来種ディリッタだけの
珍しい単一品種のオイル。

数種類をブレンドしない
単一一本勝負のオイルです。
(ブレンドした方がたやすく万人向けのおいしいオイルにできます)

また今年は
収穫期の気温が高く、
はじめと終わりのオリーブの熟し加減に差があり、

今までにない、
味わいのオイルになる可能性があります。

もちろん、
わたしはすでに味わっていますが、

日本に届くまでに
オイルは日々変化し
今の味わいは今だけ、

日々変化するアサクラ オイルが
日本に到着後
どのようになるかは
私もまだわかりません!

その年の天候と収穫状況が
オイルの味わいを決めます。

さて、
到着は来年1月を予定しています。

アサクラ オイルファンのみなさん
2017産をどうぞお楽しみに!

また
まだアサクラ オイルを
ご存知ないかたももちろん
お試しになってみてください!
おいしいよ❤️

※アサクラ オイルはご予約販売のみになります。
ご予約開始は後ほどご案内いたします。



2年ぶりのアサクラオイルです。
昨年は長雨によるオリーブバエ被害でゼロでした。

22815160_1459358697473189_7813580582924834781_n.jpg

搾油所も随分進化し、12年前よりかなりやりやすくなりました。12年お世話になってるジャンニ。

22886084_1459358724139853_294902908883067738_n.jpg

初味見はもちろんブルスケッタで、
悶絶のうまさー

22894021_1459358800806512_4156910625722077001_n.jpg

暑くて何度もトマトを食べしたー
おいしい〜〜

22851928_1459358834139842_6825331363544399311_n.jpg





スポンサーサイト

アサクラオイル収穫の様子

収穫開始から今日で11日目。
おとといは雨☂️のお陰で休養。

また昨日、今日と引き続き収穫作業です。
雨のお陰か気温もぐっと下がり
作業はしやすくなりラッキー🤞

私と男子3人、
4人で毎日頑張ってます。

53歳のわたしも、
30代と50代男子に負けないで
ついていけてます(^^)

オリーブ農園の周りは
オリーブやブドウ、
草原と、
車や人は出入りのない、
囲われた環境にずっと毎日8時間作業。
黙々と。

そんな中、
わたし穴に落ちてしまった。
イノシシの掘った穴!

イノシシが土を掘り返し
草やオリーブの根っ子を食べるらしい。
そこに4日前落ちて、
膝のお皿を痛めてしまった(^_^;)

ところが、
農園はかなりきつい傾斜、
アップにダウンに
かなり歩かなければなりませんが、
痛めた膝が全く痛まない。

農作業中は痛めたことをすっかり忘れてますが、
夕方行く搾油所や、
町のコンクリの上を歩くと
めちゃめちゃ痛い。

土の大地の柔らかさ
もあるんでしょうが、
この差は何?
と思う違いなのです。

柔らかさ以外の何かが、
大地の上を歩くというのにはあるのだなーと思う。

しかもうちは農薬やその他土に何か入れ込むことしない自然栽培だし。

となると、
健康体では気づけない、
コンクリの上しか歩かない人と
土の上を歩く機会のある人と
人生時間トータルにしたら
かなりの差がある!
っと思った。

土ってすごいんだやはり!

土は
人間が動く、歩く、
をしなやかに受け止め
かつ、
わたし、53歳、
通常全く運動もしない中年おばさんを11日間も
アップにダウンに、
農作業に耐えうる環境であるって。

自然栽培の大地のエネルギーは
人の本来の力を引き出してくれるんじゃないかとも思う。

私もこれだけやれる力があるって
長い収穫作業で実体験させてもらえたしね。

いるだけでもものすごく
気持ちがいい農園なんですが、
怪我してみて
しかも、かなり働いて、
疲労は溜まってますが、
元気、膝が痛まない。

農園の大地のエネルギー。

大地の上を歩く、
農作業をする、
浜辺の砂の上を歩く、

おすすめです。

22688758_1455963487812710_8035234741893904786_n.jpg

まだ薄暗い街から車で1時間の農園へ。寒くなってきました。

22730489_1455963494479376_6341282183193516466_n.jpg

まだ薄暗い街から車で1時間の農園へ。寒くなってきました。

22814375_1455963521146040_4771916930567224534_n.jpg

雨が降り気候が変化、
でっかい雲が落ちてきそー
空気も澄んでて超きもちー

22815427_1455963514479374_2523830244522806016_n.jpg

雲が大迫力!
画像では伝わりにくい!

22851753_1455963564479369_8825462931857481163_n.jpg

雲にうっとりの今日。

22789158_1455963557812703_3342615759466644132_n.jpg

地道な収穫作業

22688643_1455963584479367_5101050136605226863_n.jpg

収穫開始11日前はこんな感じの熟し加減

22730436_1455963614479364_901188595767512085_n (1)

いまはこんな!
完熟間近。
オリーブオイルの味わいも変化。
毎日搾油し一つのタンクに入れアサクラ オイルが完成します。

22814013_1455963627812696_4044589948116044217_n.jpg

黄色帽子が30代
水色は50代,
みんな力持ち大力凄いです。
アサクラ オイルは彼らのお陰。

22688692_1455963647812694_7385162609956305589_n.jpg

黄色帽子が30代
水色は50代,
みんな力持ち大力凄いです。
アサクラ オイルは彼らのお陰。

22728977_1455963651146027_3183361729344881471_n.jpg

搾油所にオリーブを持ち込んだ後近くのパブでビールで乾杯。
今日はライトビール。














2017アサクラオイル!

始まりました。
アサクラオイル今年はあります(^^)

最高の出来が期待できそー
収穫できることに感謝。

22539752_1449510168458042_3851988308398603742_n.jpg

22528269_1449510175124708_459729099556170540_n.jpg

22539998_1449510218458037_5680510830379946306_n.jpg

22489665_1449510238458035_1459553468676565629_n.jpg

22519535_1449510271791365_7747072985824377011_n.jpg

22491783_1449510285124697_1605964332311913706_n.jpg















アサクラの新しい倉庫

ついについにこの日が来ました!

震災以降
兵庫、大阪と6年
私の手を離れ、
アサクラアイテムは
様々な人を介して

皆様の手にお渡ししてきました。

震災後すぐに
倉庫と発送を受け入れてくださった
プレマ株式会社の
中川 信男社長には
心より感謝申し上げます!

あの3月11日後すぐのこと。

中川社長へ問い合わせ

「西日本で
どこか倉庫を受け入れてくれるところご存知ありませんか?」の

私のイタリアからのツイッターメールに

速攻で
「弊社の倉庫をどうぞ」の回答に

びっくり仰天しましたが、
翌月4月に大移動、お世話になり、

また、大阪移転の折も
大変お世話になりました。

この度、さまざまな
わたしの頭に降り注いだ出来事が、
会津に戻る、を決断させました。

大阪倉庫では、
さまざまなケースにカスタマイズしなければならないアサクラのやり方、難しい対応に、

大阪倉庫のネオロジスティクスさんも
辛抱強く対応していただき、
こちらも感謝しかありません。

最初、大阪の方とのやりとりにも四苦八苦したものですが、

今となってはいい経験となりました。

このような経緯、
わたしは関西の方に助けられました!

そして昨日。
9月22日は
戊辰戦争で鶴ヶ城(会津城)が薩摩・長州藩に引き渡された開城の日。

物事が大きく転換する日なんでしょうか、
アサクラの引越しの
記念する日にもなりました。

新しい倉庫に必要な、

理想的なスペースが
見つけことができたのも

地元の友人知人たくさんの方が
本当に親身になってくださり、
会津の人の情の深さを再確認でき、

なんていい人たちなんだろう、
となかなかいい物件が
見つからない中でも、

じわりじわりと
感謝でいっぱいになりました。

また、この実際に引越しの段取りを留守がちのわたしの代わりに段取ったアサクラスタッフにも感謝。

一人じゃできることは限られていますが、

スタッフ、
そして励ましてくれる仲間、友人、
お客様に支えられました。

お一人お一人を思い出すと
目頭が熱くなります。

大阪のみなさん、
会津のみなさん、
全国のみなさん、

本当にありがとうございます。

会津に戻り、
自分たちの手でアイテムをこれまで以上に大切に
みなさんの手に渡す、
をモットーに

これからも精進してまいります、

どうぞどうぞ
これからもアサクラを
よろしくお願い申し上げます!

21767968_1429552557120470_6537519123349929040_n.jpg








わら一本白ラベル ヴェルナッツァーノ

わら一本の白ラベル。

IMG_8618.jpg

アサクラでもじわりじわりと
人気のEVO。

今年イタリアは大干ばつ。
その為イタリア全土
オリーブの実が
例年の何割も減、と既に夏の時点で発表されています。

そんな中、
わら一本の畑、
緑ラベル チッタデッラピエーベ畑
白ラベル ヴェルナッツァーノ畑
はすごく調子が良いようです!

恵まれた大地と、
作者マイケルの志の高さ、

わたしは思います。

白ラベル ヴェルナッツァーノは
スパイシー且ついくつも重なった
濃厚な味と風味を持つ
個性的なEVOです。

わたしの作るアブルッツォの
アサクラオイルが
単一種・在来種ディリッタだけでつくる
珍しいオリーブオイルに比べ
白ラベルヴェルナッツァーノは
古代種がいくつも混ざった畑。

エトルスキ時代(2000年前)
からずっとオリーブ畑だったところ。

しかも、
古木の脇芽を伸ばし、
その木をずーーっと生かし
古代種からできるオリーブオイルです。

品種が古すぎて、
わからないオリーブの木がたくさんあります。
夏大忙しだったマイケル。
久々のオリーブ畑の報告をシェアします。

マイケルのオリーブ畑の様子 → 

彼自身も、
今年の夏の厳しさを耐え抜いた
このヴェルナッツァーノの畑に
敬意を評しているのがわかりますし、
耐え抜きながらも神々しいオリーブに感動しているのがわかります。
このオリーブがただものじゃあない、ってことを感じているのもわかります。

栄養成分?
化学分析?

わたしはそういうものより
だれが、
どういう大地で
どのように作ったか?
(農法だけじゃないよ)

そして食物であるオリーブオイルというものが、
人類にどう使われ生活に根ざしていったか。
を重要視しています。

だって、
私たちは
見えないものの力で
生かされているから。

それを感じる感性、
これが重要と思います。

五感を呼び覚ます料理教室、
みんな来てね。
(あ、こっちで締めくくりか)

わら一本
白ラベル
ヴェルナッツァーノ
http://www.orcio.jp/?p=7004

前のページへ