クチーナ会津講習上半期スケジュールとお申込み開始日

つい先日お正月と思ったらあと少しで節分。
季節はめまぐるしく移り変わり春への期待感がすでに増している今日この頃。
目線はもう春から初夏へ!

年明けイベントも目白押しですが、
アサクラオリジナルの講習会のスケジュールが決まりましたのでお知らせします。

上半期と下半期、年2回の会津での講習会は、
出張講習とはまた違った雰囲気と学びがあります。
是非、奮ってお申し込みください!

詳細は下記から
お申し込みは2月5日月曜日から開始します。

http://www.orcio.jp/?page_id=4890

28日・日曜日の不破さんのイベントのお誘い

『食べるものをつくる!』

イタリアマルケ州のクリスチャンの言葉は
わたしの心に響く言葉の一つです。

新規就農、
これも言葉では簡単ですが、
農業以外の仕事をしていた人が、
田畑を借り、もしくは購入し、

ゼロから農業をすることを言います。

クリスチャンはイタリアの中部マルケ州の山間部で
ファッロ麦、豆類を栽培し販売ルートを自分で開拓し、

またその他の日常の野菜をつくり鶏をそだて自家用にして
ほぼ自給自足を実現して10年近くになります。

わたしはパスタ用のファッロ麦栽培をクリスチャンにゆだね、
また作付で出来る豆類も購入し、大地の再生と新規就農者の応援の意味で彼を全面的に応援しています。


そして、本題はこれから。
日本にも、クリスチャンと同じような人が何人もいますが、
その中の一人、千葉の不破さんを私は応援しています。

不破さんはもともとアート(絵画)を追求されていましたが、
途中で方向転換、
食べるものを作る人になる、、と
世界に何十億と人はいますが、
その中の人がこのように思い作物を作ってくれる人になっていきます。

食べるものをつくる、を思い育て作る人、
これこそ国の宝、
食べる人は応援しない手はないと思います。

不破さんは田んぼや畑でご自分の中にある目指すアートを実現されているのかな?と
思うような美しい畑と作物を作ります。

ただ、自己でコントロールできる絵画とは違い、
大地の持つ力と天候に左右される作物は違います。
コントロールできないからこそ、その辺りがおもしろいのでしょうか。

肥料を施さず、農薬にもたよらず、
自然を介した芸術を不破さんは日々実現されているんだな、と
私は勝手に解釈していますが

不破さん、本当にかっこいいのです!

妻の瑞穂さんとお子2人を持つ家族の長でもあり、養うために努力されている。
それも言葉では言い表せない、陰で努力をされている。

なんども言いますが私は不破さんを応援しています。
不破さんのつくった野菜と作物でほぼ即興的に料理をする会が毎年恒例になりました。

今年は冬の野菜でチャレンジします。
今度の日曜日と迫りましたが、
数名残席があるそうです。

不破さんに会いに行きませんか?

是非、お時間のある方、千葉の山武地方にいらしてみませんか?
お問い合わせは
下記をご覧ください!
https://naturalharmony.co.jp/daichi_shokutaku2018/


たなかれいこさんのオリーブオイル×素材の調理法に学ぶ

【このイベントは満席になりました。キャンセル待ちのみお受けします】

年も改まり、2018年が静かに始まりました。

そこでイベントのお知らせです!


わたしは現在の仕事の前には
様々なことをしてきました。(ってほどでもありませんが)

私の今は、
ある新聞の記事から始まりました。


学校を卒業し、何をしたいかもわからないまま会社にお勤めし、
事務職には向かないことを入社してすぐ気づき、
どうしよーーーーと。

だめだ、好きなことを職にする!だけを決め、
結局行き着いたのが「612」というたなかれいこさんのケイタリング会社でした。

某新聞社に紹介されていたたなかさんの記事。
ケイタリング風景の写真と
料理したケイタリングのその日のメニュ。
たなかさんの経歴、を読み鳥肌が立った時のを
今でもはっきり覚えています。

ここしかない=======3
(エンジン全開・わたし、22歳の頃)


新聞記事みました!と、
門を叩き、
たなかれいこさんのケイタリング会社に入ったのでした。

料理は好きでしたが、調理師でもなく、料理人でもないど素人のわたしを
よくたなかれいこさんは受け入れてくれたものです。

ゼロから働かせてもらい、
たなかれいこさんの料理の仕方に戸惑いながらも、

元CMスタイリストとという経歴から食の世界に入った
たなかれいこワールドに入っていきました。

それは、今まで聞いたことのない『自然食』『オーガニック』という
世界への入り口でもありました。

子供の頃、母の手伝いでかつお節を削らされた記憶もありましたが、
いつの頃からか?
かつお節ではなく、果粒出汁の素になっていった我が家。

そして
「醤油も、味噌も、今までのとはまったく違うのよ」

とたなかれいこさんはそれと素材だけをあわせ極シンプルに調理していました。
はじめ、シンプル過ぎる味になじめなかった私ですが、

数か月たつと、外の食事の化学調味料の味に違和感を覚えるようになり、
そして自分の舌と身体が、たなかさんの味に馴染むように移行していきました。

そしてあれから30年。現在に至ります!

今、現在、私はイタリアで本来のオリーブオイルと出会い、
使い方とその良さを日本の人たちに知ってもらうことを生業としていますが、

料理して、使い方を見ていただく、
ということに力を入れています。

言葉でどのように表現しようとしても、

実際に、見て聞いて、匂いをかいで、触って味わってみなければわからない。
料理は経験値がものをいいます。
それは私がイタリアで経験したこと、
そしてもっともっとさかのぼると、母の姿と、たなかれいこさんに行きつきます。

その流れの中で
わたしにとってのたなかれいこさんは、師匠であり、私の芯を作ってくれた人と言えます。

嬉しいことに、
たなかれいこさんはアサクラアイテムもご愛用頂いております。

いつの頃からか、たなかれいこさんはオリーブオイルを多用し、
たなかれいこワールドには、なくてはならないツールになっています。


たなかれいこさんの料理は素材を見つめ、素材に寄り添い、
極々シンプルなものです。

しみじみとおいしい、日常の料理です。
シンプル過ぎなのにおいしい。

わたしのことに振り替えると、
お蔭さまでオルチョやその他のアサクラアイテムは全国に広がり、
たくさんの方々にご愛用いただいています。
そして、ほとんどの方が知らなかった、イタリアの日常料理を学んでいただき、
たくさんの方に喜んでいただいています。

その流れの中でいま。
師匠たなかれいこさんのお料理を食べてもらいたい!
と、ここ最近、思うようになりました。

たなかれいこさんにはお忙しいスケジュールの中、
アサクラとのコラボレーションでイベントを企画してくださいました。

是非、この機会!ご都合の合う方、いらしてください。

食事会形式ですが、
たなかれいこさんの料理デモもみていただきます(見ないともったいない)

そしてすこしトークをしていただき
お料理をお楽しみいただきます。

ご参加人数に限りがありますのでご了承ください!

6126126126126126126126126126126126126126126126126126126126126126126

●日時 3月31日(土曜日)17:00~20:00
●場所 食のギャラリー612
      東京都港区南青山7-9-3
      
●会費 ¥12000(税込) お食事代・レクチャー代込み ※ノンアルコールになります
●定員 10名
●お申込みは612に直接お願い致します。(下記のフォーマットより)
*会費は前払いとなります。お申込み受付後、お振込のお手続きのご案内をさせていただきます。
http://www.612co.net/mousikomi.html

●お問い合わせも612
e-mail info612@leo.interq.or.jp
 tel:03-3406-6128
(電話受付:火~金曜の12:00~19:00 定休日:日・月・祝祭日)


※612については下記のサイトをご覧ください。
http://www.612co.net/


26942326_1259709907494874_778927218_o.jpg





クチーナ講習(2016年後期)申し込み開始しました!(満席御礼)

会津クチーナ講習 後期

今朝9時に申し込み開始しました!


今年後期は

●金曜日 オリーブオイル中心イタリア食材の勉強コース(コンプレート/全4回)
●金曜日 旬のお野菜の尽くしイタリアン (ウナボルタ/1回より)
●木曜日       〃                  〃

ウナボルタ 金曜、木曜は満席になりました。
金曜日のコンプレートも満席になりました。
(追記:5月25日15:50 満席キャンセル待ち)


イタリア料理の芯の部分を学べる基本のお勉強コース、
まずはコンプレートコースをおすすめしています。

オリーブオイルの事、
小麦の事、
素材をよりおいしくするツール 南イタリア食材あれこれ

についてのレクチャーと使い方を知ることにより
今までの身近な食材・野菜の使い方の可能性が広がります。

その後ウナボルタ コース
一つの食材に向き合い調理の仕方のバリエーションを学べば
応用が容易になり短時間でイタリア家庭料理を理解することができます。

詳しくは下記をご覧ください
http://www.orcio.jp/?page_id=4890


県外からのお申し込みが多くありがたいです、

が!

福島県内の方に多く来ていただきたいと思っています!

ありがとうございます。満席となりました!

(追記:5月25日15:50 満席)

                             朝倉玲子




会津クチーナ講習 2016年度受付日のお知らせ

来年2016年度
具体的には3月からの前期(3月、4月、5月、6月)のスケジュールが決まりました。
また1回のみですが、タンボロッジの料理長による特別講習も予定しております。

お申し込み受付開始日他、詳細をHPにてお知らせしますので、

奮ってご参加下さい。


⚫︎コンプレートコース(4回連続)

イタリア家庭料理は至ってシンプル。
驚くほど簡単に日本の食材をベースに
ご家庭で実践することができます。

イタリア人の家庭に根付いて変わることのない食文化の背景と

材料(オリーブオイルや小麦やパスタ、トマト、ニンニクなど)
の「本当」と「基本」を知ることにより、

それを踏まえ家庭で自在に
料理することができるようになります。

毎日の食卓をよりシンプルに美味しく
ナチュラルライフの芯の部分に気がつくことができます。



⚫️ウナボルタコース(単回)

イタリア家庭料理は日本料理にない
調理のコツがあります。

毎回季節の旬の素材一品を題材にし、

単一野菜でイタリア家庭料理の基本を学びます。

何回か学ぶことにより
素材の扱い方と旨味の引き出し方を学習し、
野菜の本当のシンプルな美味しさに気がつくことでしょう。




⚫️タンボロッジ大屋料理長特別講習

いま日本中から引っ張りダコ
奥会津のお宿タンボロッジの料理長
大屋さんの特別講習を開催します。

通常、ケーキ作りには
卵やバター、ベーキングパウダーを使用しますが
それらを使用せず、
美味しいフワッフワのケーキの作り方を研究した大屋料理長。

会津クチーナ講習でその基本を学びます。


詳しくはHPをご覧ください。
http://www.orcio.jp/?page_id=4890


朝倉 玲子







前のページへ