FC2ブログ

アサクラオイル2018産ご予約開始!(その1)

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願いします。

雪国のこちら会津は、年末年始比較的穏やかな天候で助かりました。
昨年は三が日から雪かきでした。

今のところ「雪かき」今年は全くしていません!
助かっていますが、これでいいのか?感は
いつもあるのです。

そして今年は受験生がいる我が家。
風邪はもう絶対ひけないのです。
気合入ってます。

寝る前のお楽しみ読書(まんが)で読んだばっかりの巨匠・山岸涼子のテンプシコーラで、
主人公のバレリーナゆきちゃんが風邪をひき散々な目に合うってのが繰り返し出て来るので
読みながらも、今とダブりながら風邪おそろし~~
(ちなみにテンプシコーラ、絵もストーリーも圧巻です)

昨年秋、
オリーブ収穫の途中から風邪をひいて一か月以上も長引いたため、
もうひいちゃったから大丈夫、と勝手に思い込んでいますが
気を付けなければ‼油断は禁物ですね。
風邪の方、どうぞ、お気をつけて~(近寄らないでね~)

さて、新年もあけ、
アサクラ倉庫は一年で一番忙しくなる前の静けさを今味わっている真っ只中です。
忙しくなる前の準備でデスクワーク中心のスタッフ&私です。

これから新入荷がゾックゾク目白押しなのです!


入荷のトップバッターが13年目を迎えるEVOSアサクラオイル。
このアサクラオイル、今日からご予約開始になりました!

オリジナルの自家製オリーブオイルの誕生は、

①オリーブオイルのシングルエステートを自然栽培でつくる人はいないか~
②そんなのないよ、
③じゃ自分で作れば?
④そんな手があったか!?
⑤畑を探す
⑥20年来無肥料無農薬のオリーブ畑が見つかる
⑦じゃ始める
⑧2006年から収穫開始
⑨2018年まで2回オリーブバエ被害で収穫不能
⑩無肥料の大地の土壌の凄さを理解しつつ。。。。。。

とこのような経緯で
2月初めに13年目の11本目が到着します!

今年のオイルの出来はどうか?
毎回聞かれるのですが、
はっきり言って、よくわかりません!

オルチョやわら一本など他のアイテムはある程度説明することができます。
(到着する前に)

しかしアサクラオイルは違います。
単一オリーブのみでつくるアサクラオイルは、味の調整ができない為、
また自然栽培で作っているので難しい、到着前にどんな味わいか聞かれても。。。


これはどういうことかっていうと、
オルチョやその他アサクラオリーブオイルアイテムは、全て3種以上のオリーブの品種をミックスしたものです。

これはオリーブが通常、一品種では交配しにくく実が付かないので
一つの畑に2~3種のオリーブ品種を植えます。
こうすると断然交配率が上がり実が沢山なります。

その為、品種がミックスされたオリーブオイルが出来上がる、とこういうことです。

アサクラオイルはそれができないので、
「モノバリエタ」といい一品種一本勝負の味わいと香りで出来上がります。

コーヒーもそうですが、
単一品種のものよりいくつもの品種をブレンドしたものの方が、たくさんの人ががおいしいと思える味に配合できますよね。
こだわりのコーヒー屋さんのまたチェーン店のコーヒー屋さんでも
『自慢の当店のブレンド』があるわけです。

そしてコーヒーやさんのこだわりの詰まった安定した好みの味が自由に作り出せます。

オリーブオイルについては、
モノバリエタは独自の味わいがあり、在来種の土地の味が出来てくるわけです。

この地区の在来種「ディリッタ」のモノバリエタのオイルは瓶の中はその味そのもののオイルになります。
つまり、みな似たようなオイルの「味」がします。

とワインが地域と品種で味わいがある程度予想できる、と同じです。

しかし、アサクラオイルに関しては面白い現象が起きているのです。
これは13年やってその蓄積と共にわかってきたことです。

アサクラオイルは
①~⑩までの流れで時を経てきたわけですが、
モノバリエタなのですが、他のディリッタの味から離れて、味が毎年変わる。ということ。


そして

一部の方から、「アサクラオイルは寝かせた方がおいしい」
という情報がちらほらと入るようになったのが
7~8年前くらいでしょうか?

私は、そんな馬鹿な?と。

オリーブオイルは新しいものほど価値が高い、と業界の常識。
オリーブオイル文化圏の常識、と言っていいですから。

しかしです。
丸ごと大地の恩恵、そして根っこ、木、枝、花、果実、とまったく化学物質等など異物を入れない
自然循環ののみで育てている農作物としてできたオリーブというのがキーです。

そしてもう一つ、オリーブ栽培では除草と、土の耕しを堆肥や肥料を施す時に行うのですが
それもしない。
生える草に任せ、耕さず、施さず、愛情だけ施します(^.^)
ほったらかしではありません。意図してやるのです。

そしてそれの蓄積により、絶えず変化している大地なんだ、と予想されます。
畑を歩っただけもわかります。
以前カチカチだった、水はけが悪かったのですが、今はもうその時とは違います。

毎年何かを施し一定にさせている路線の畑とは一線を画す、
絶えず変化(進化)しているといってもいいのかもしれません。

「土壌に何か施す」、
としたら降雨や日照など、それにより必要な、ぴったしハマった雑草が生え、
そして秋が来て冬が来て、朽ちてまた春が訪れて、、、、の結果論が自然栽培の施しでしょうか。

必要なものが現象として現れる。
草や小動物やら微生物やら。。。。
それはあるがままの、状態によって必要なだけ必要な分、目に見えないものも。。。。

土壌環境は、そこにあるものと気候でどんどん変化しています。
耕さない、除草しない、オリーブの木がそこにあり、それをとりまく小世界ができている!

と私は13年見てきて感じるのです。

面白いことというのは、前記しましたがアサクラオイルの味が毎年変わるという事。

これを読んでいる方で初年度2006産のものを食べた方は何人もいないと思いますが、
それと比べてもまったく違う。

そしてもう一つ面白いのが、
開封ごとに時間の経過でオイルの味わいが著しく変わる。

同じように栽培しているオルチョ、わら一本やアックアサンタも
同じ年産で、春に開封したもの、夏に開封したもの、秋に開封したもの、味わいは変わりますが、

アサクラオイルは「著しく」変わるのです。

それは、到着したて、その後、そのもっと後、と時期を替え味わいが変わるのです。
(未開封の場合です)

はっきりわかる変化です。

太陽を浴びながら夜の闇をすごしながら
根から土壌の、なにがしかを吸い込んで植物は成長するので、
土壌の情報がオリーブにインプットされ、そして無濾過(澱も一緒に瓶詰)し、
またモノバリエタのミックスして味を一定にしたものではないので

土壌の変化が味に移行、まさに土を食らう!を感じることができます!

瓶の中の小さな世界は「熟成された変化」を感じさせます。
「変質」ではありませんのでくれぐれもご注意を。


オリーブオイルは新しいのがいい!の常識を覆す
アサクラオイルの良さ、は是非2年前の2017産をお持ちの方はいま開封しお試しになっていただきたい。
到着当初とどうちがうか?
(※2017年は当たり年・つまりオリーブにとって最良の年のものはより持ちがいいです、そうでない年のものはお早めに消費を。
これもまったくワインと同じです)

しかし!
最初に到着したてをまず味わってみないと、時間がたったものの違いはわかりませんよ。

なが~くなりましたが
アサクラオイルご予約はじまりました!

お手元に着いたらすぐ開けて味わう(これオイルの勉強のために必須)
はっきりいって、到着したてのアサクラオイルはイマイチかもしれません。
(わかんないよーこればっかりは、昨年到着の2017年産は良質感はあるのですがまだ目覚めていない味わいと香りだった)

「今年の味わいを教えてくれ」と販売して下さるお店からも聞かれるのですが、
しぼりたての味わいと瓶の中に詰められ数か月熟成されたオイルと味は全く違う。
特にアサクラオイルは変わるので、どんな味?と到着前から聞かれてもわからないのです。

毎年、味違うしーーーー

昨年は中部イタリアは豊作でした。
南部イタリアのオイルは全く収穫できなかった地域もあり、
南部のオリーブにとっては昨年も厳しい年でした。

どのような大地で、どのように育て、どのように加工されて、どのように輸送され管理されたか、
そしてそれを前提に今年の味は?


昨年の方がよかった、って内心思う時もあります。
しかし、
2018年の天気は人間にはコントロールができません、
過去も未来も天気のコントロールはできないのです。

だからこそ、出来上がったものと自然に畏敬と感謝の念を忘れてはならない、と思います。
また今年から手摘みではなく機械摘みに変更しました、この件もまた後日このブログでご説明します。

今年は沢山実がなってくれたおかげで本数制限なくご予約いただけます。
たくさんのご予約お待ちしています!

ご注文はこちら
http://www.orcio.jp/?p=3518


★お近くのいつもオルチョなどをお買い求めいただく販売店さんにご予約も可能です。







オルチョなどオリーブオイルの瓶はリサイクルゴミへ

オルチョのお客さまからの質問です。

オルチョの瓶はどうすればいいか?
つまり全部なくなり、廃棄するときについての質問です。

油の瓶は通常、燃えないゴミとして出すようですが、
最後まで使い切っていただくのはもちろんですが、

無くなっても蓋をきっちりして逆さにしておくと、まだまだオイルは出てきます。
蓋をあけたときドバっと出るのでオイルを入れたい鍋や皿の上で蓋を開けてください。

逆さにしても出なくなった瓶に、

お湯を入れて蓋をして振り、
瓶の側面についたオイル分を洗い流すようにし、お料理の煮込みなんかに入れます。

2回もやればすっかりオイル分はなくなりますので、
お湯でさらに洗って私はゴミの再利用品の日にだします。

オリーブオイルの瓶に限らず、全部その方法で瓶は再利用に。

アントネッラの料理/Buona vita クックレシピ

パンがないので急遽チャパティ

クリスチャンの
ジェンティルロッソという軟質小麦とファッロ小麦少々まぜ
水だけでコネコネ、
延ばして油なしフライパンで焼くだけ。

マリネした野菜ミルフィーユを包んでいただきました!
ボーノ〜〜
ボニッシモ💜💜💜

アントネッラの料理は
すべて美味しい!

材料のチョイス、
取り合わせ方、
加熱の仕方、
少ない材料、
オリーブオイルと
塩だけでほとんどの料理を
完璧に作ります。

来年来日時はライブクッキングで
見ていただきたい!

その前にできること。

手作りBuona vita クックレシピ、

細々とした
料理上のコツを漏れなく網羅した
レシピ集を帰国したら作製し
アックアサンタ、
わら一本(白・緑)
ご購入の方にプレゼントを、
と思います!

オルチョ販売の初期も作ってましたが、
今回はカラー版で
と思います!

卸売りのお店にももちろん差し上げますよ〜

●わら一本 緑ラベル白ラベル
●アックアサンタ2015年産
まだまだ在庫がありますので
どうぞよろしくお願いします!

Buona vita!

※10月28日以降の
わら一本2種、アックアサンタをご注文いただいた方にプレゼントいたします!

3部レシピになり、1種につき1部となります。
帰国してからの作成になりますので、出来上がり次第郵送いたします。


14639696_1114594571949605_1168426299957014441_n.jpg

虫が寄らないようローリエの葉を使うんだって!
しらなかった〜〜


14595640_1114594581949604_4557274886839834572_n.jpg

手早く粉と水だけをまぜてコネコネ。

14702227_1114594611949601_2531782791275810019_n.jpg

寝かさずすぐ延ばして

14724641_1114594621949600_2244457673042535_n.jpg

フライパンで油なしで焼きます(注意/フライパンの底が焦げになるので中華鍋でやるのをオススメします)

14606546_1114594658616263_9553207805710983_n.jpg


ミルフィーユを包んで
あっという間にできます!
めちゃくちゃ美味しい!






暑い夏がはじまる前にお知らせしたいこと。Borgo dei Sanniti ボルゴのご紹介!

オルチョサンニータ大瓶欠品でご迷惑をおかけしています!



そこでオルチョの姉妹品ボルゴデイサンニーティ(略してボルゴ)の大瓶を

いま絶賛ご紹介中です。



『オルチョじゃなきゃだめっ』

『知りませんボルゴなんて』

『全く興味ありません~』

という方がなんと多いことか!


オルチョは人気者ですからね!
(ちなみにオルチョ500㎖はございます)


ただ、ただですよ!

もったいない~

『オルチョなしで、何をお使いなんですか?』

ってお聞きしたい!


オルチョ大瓶のご愛用者が(しかたなく)ボルゴに移行してくださった方の

ほどんどが、

『ボルゴ2015年産がおいしい!』とみなさん口々に言ってくださいます。


ボルゴって何???

まだ知名度の低いボルゴ。


この機会にもっとよく知っていただきたいです!



ボルゴはオルチョの姉妹品、
アサクラとオルチョジョバンナさん、オリーブの生産者ヴィンチェンツォさんの共同プロジェクトで
できたオリーブオイルです。

IMG_7650.jpg




オルチョは3000本のオリーブ畑に

3品種のオリーブの木が植わっています。


●フラントーイオ

●レッチーノ

●オルティチェ(産地の在来種)

生産者はジョバンナさん一家。
2010年の10周年には日本に来てくれました!

家族経営の小さなオリーブ農家さんです。

(詳細はこちら)
http://www.orcio.jp/?page_id=3373

オルチョはジョバンナさんの畑のオリーブの果実からのみ作られます。



2000年に500㎖瓶 一種類から私は販売を始めました。

小さいサイズをつくって!という取扱い販売店さんのリクエストはありましたが、

半サイズ250㎖ってかなり小さい!


オリーブオイルの良さを料理で反映させるにはたっぷり使いが必須。
小瓶じゃラチあかないと

オリーブオイル使い方講習を出張し、私はリュックにオルチョをしょって
全国を回って歩きました。


そうこうしている内に、

二年後2002年には大瓶750㎖を発売開始となりました。
使い方がわかれば鍋に入れるオイルの量、
今までの油の概念でのリミッターが変わります。

ちょびっとじゃ、ダメなんです。


『た~っぷり入れてくださいね』
の私のイタリアでの実体験を交えたトークと料理に

みなさん、びっくりぽん!


しかし、みなさんちゃんと学んでくださいました。
そしてご家庭でおいしいイタリアンが食べられるってことを府に落とされていきます。


そして
さらにそうこうしている内にオルチョは全国区、

オリーブ油と言えば、オルチョ!(笑)
となっていきました。

名を轟かせたのは

有名レストランシェフでもなく、

有名料理研究家でもなく、


食の安全に意識した方、自然食系の良質の素材を
普段から食べている方中心に、

その方々が使い方を理解し、
オリーブオイルの美味しさを府に落とし家庭で実践してくださったことによって広がっていきました。

一般のみんなが評価し広げたオリーブオイルと言えます。


あれよあれよと
オルチョは広がり、ジョバンナさん2003年にはしっかり

新しい苗木500本を植え(てました)


その苗木が10年後の昨年あたり前後からガッと収穫が出来始めましたが、
一時、供給が需要に間に合わず、

取り扱いを希望される販売店さんを何軒もお断りしていました。


需要と供給のバランスがとれていなかったところ、
500本の新しい苗が大きくなり

オルチョ供給が少し増え、安定していますが、

ここのところ、オルチョはさらに人気となり、

近い将来、限界が来ます。
足りなくなる、と私はみています。


そして
さらに、

近年、オリーブオイルは輸入開始の16年前以上に認知され、

イタリア料理は作らないけど良質なオリーブオイルは欲しい
という方は年々うなぎのぼり。


そういう方の為に
定番供給できる別のオイルを始めなければ!と

『どうしたもんじゃろのぉ~』と

数年前から考え始めました。


そこで!ジョバンナさんに相談したんです。
一から、新しい生産者と折衝するのは骨が折れます。

ただ、いいものを探して持って来ればいいというもんではないんです。


ジョバンナさんの信頼のおける近場の有機栽培の農家さんはいないかと。
そこでヴィンチェンツォさんがいいとジョバンナさん。


オルチョの畑から車で10分程度の彼の畑に行ったのが東日本大震災の前の年の秋。

IMG_3764.jpg
(ジョバンナさんとヴィンチェンツォさんと2010年)



貴族ご出身というだけあり、
広大な農地と、お城のようなお家。館って言うんですねあれが。

515.jpg
これがご実家!すごいお屋敷です!

518.jpg
敷地内にこんなものが!
何世紀のものだったか。。ちょっと忘れましたが
かなり昔のものです(笑)



今はバンカーでもあるヴィンチェンツォさん、
競走馬を飼育しているそうでその時は馬の排泄物を堆肥にし

畑に施していました。


有機認証のオリーブオイルを生産し供給しており
彼のオイルを味みさせてもらいましたら、

オルチョ食べてる人には出せない味でありました。


って、私は彼のオイルを買うつもりは毛頭なく、

考えは、こういうものでした。


●ヴィンチェンツォさんのオリーブ果実を、
●ジョバンナさんが収穫し、
●オルチョと同じ搾油所にジョバンナさんが持ち込み
●ジョバンナさんが家に持ち帰りタンクでデカンテーションし(自然分離)
●ジョバンナさんが瓶詰する
●ただし、ラベルにはオルチョと書けないので新しいオイル名(ブランド)にする
●わたしはそれをジョバンナさんから購入する


って形にしたんです。

10数年のジョバンナさんと私の輸入のノウハウをそのまま。
私は、ジョバンナさんに全責任お任せです!


またオイルそのものですが

ヴィンチェンツォさんのオリーブ畑には数種のオリーブ品種があり

オルチョと同じ味と風味じゃわかりずらい、面白くないので
オルチョと同じ三品種(フラントーイオ・レッチーノ・オルティチェ)

に一つ別品種これも在来種ですがカルバ種を加え

ちょっと違った印象のオイルに仕上げました。
それが『ボルゴデイサンニーティ(略してボルゴ)』です。


バナナのような風味や草の刈り取った風に漂う香り、が特徴です。

ボルゴの詳細は下記の通りです
http://www.orcio.jp/?page_id=6598


2012年から小瓶250㎖のみで販売開始、
イタリアンは料理しないけど
上質なオリーブオイルはほしい、という方に

また、

今まで全く本物のオリーブオイルを食べたことのない方、
油としては価格の高いオリーブオイルを試してみたい、という方たちの為にと

小瓶で実験販売です。


ボルゴ250㎖はピアーノピアーノ(piano piano)
ですがゆっくりゆっくりと認知されてきています。


2014年のオリーブ大凶作時にはオルチョ以外の他のオイルも全くなかったこともあり
ボルゴの大瓶750㎖を急きょ作ってもらい、

ゆくゆくはオルチョのリミットも踏まえ発売を本格的に始めました。


そして2016年の今年。
いま、オルチョ大瓶が長い欠品になり、

オルチョファンにボルゴを(しかたなく)お使いいただくような形になっていますが

繰り返しますがいま

皆さんお使い始め、
続々と「ボルゴ2015年産おいしい!」の声が届いています。


大瓶使いの方は基本、お料理を苦なくやっている方です。
オリーブオイルの良さと使い方のコツを

充分ご存知の方です。


だからこそ、‘おいしい‘か‘おいしくない‘
かは
料理すればすぐわかって下さるのです!


私も実際、ここのところずっと使ってみて、
ボルゴの特徴がわかってきました。


オルチョは、在来品種のオルティチェのスパイシーさと独特の香りがとても強いので
オルチョを使うと、オルチョだ!ってわかるんですが、


ボルゴはオルティチェの配合が少なめなので
料理に同じように使用しても香りや味に強さがないので

主役の素材の個性を全く邪魔せず、引き立たせ
しかしオリーブオイルの素材の味を引き立たせる力はオルチョと同じように抜群にあります。


出来上がりがとても品よく仕上がります!

品が良いといえば、

貴族出のヴィンチェンツォさんそのもの!


ボルゴはそのようなオリーブオイルなのです。

素材のわずかな風味も損ねないので
デリケートなお料理、またお菓子作り、和食、

などにぴったりです!

おいしいですよ!ボルゴ。

そしてもう一つ、

ジョバンナさんのオルチョの畑は肥料を施さない栽培になっていますが、
影響されたヴィンチェンツォさんも馬の堆肥の使用を2013年からやめています。


オルチョの大瓶がないお蔭で

ボルゴの良さをはっきり、私自身も実感できる機会を得ました。


どうぞ、この「無い」機会に是非、
ボルゴをお試しになってみてください!

IMG_7651.jpg
左から/オルチョ500㎖ ボルゴ250㎖ ボルゴ大瓶750㎖


その他のアサクラEVOシリーズ

●わら一本(今年からの新しい生産者・作り手の若さと自然農へのパッションがバンバン感じるオイル)

●アックアサンタ(輸入8年目、年々クオリティーを上げているオイルとして根強いファンが多い)

●わら一本の白ラベル・ヴェルナッツアーノ(スパイシー ボトルの絵はオリーブの枝で描かれています)

も入荷しています!
(3本自然栽培お味見セットもご用意しました)


どうぞいろいろとお試しになってみてください!



それぞれがどのように使い分けるの?
それぞれのオイルはどんな料理に向くの?


とよく聞かれますが、


オルチョとボルゴはたっぷり使いに。

非加熱はもちろん加熱調理の時にも気兼ねなくたっぷりとどうぞ。


その他は

テーブル卓上オリーブとして、

その時の気分でお好きなオイルをあらゆるお料理にかけてお召し上がりください。


私もその時に欲するもの、インスピレーションで

出来上がった料理にかけたり、
トマトのスライス、サラダやあえ物に
また冷たいお蕎麦の汁に加えたり

利用しています。


これからさらに熱くなる季節、
毎日の食事に良質のアサクラオリーブオイルシリーズを召し上がっていただきたいです!

食欲減退する時期に特におすすめです。
暑い夏を元気に乗り越えられること間違いありません!




アサクラのオリーブオイルのご注文はこちらから!
http://www.orcio.jp/?page_id=3330


              







アサクラオイルの購入できるお店

また昨夜から吹雪の会津。
今日は、磐越道で死ぬ思いをした。

夕方、日が沈んでしまっていた磐越道・磐梯熱海インターからin。

もうそこから雪がしかも乾いたやつ、風も強く吹雪いていた。

猪苗代地区に入ったとたん、吹雪!

しかも地吹雪!
地吹雪ってのは地面の雪が風にが~っと吹かれて吹雪のようになる、
下からだから、車道がどこだかわからなくなり非常に危険。

恐ぁ~~~

幸い、ラッシュ時だったため車が数珠繋ぎ。
前の車のテールランプを頼りになんとか前に進んだ。
時速50kmぐらいで皆慎重に慎重に。

明日も日本海側中心に大荒れの模様ですが、どうぞみなさんご注意くださいね。

こういう時は、やらなくてもいい運転や遠出はやめましょう!



さて大変お待たせしました。
アサクラオイル2010年産は全て完売いたしました。(ワタクシの在庫)

しかし、取扱店さんがございます!


HP『オルチョ販売店』リストにアップしました。
http://www.orcio.jp/shop.htm
右端の取り扱い品目に『アサクラオイル』と書いてあるところが購入できるところです。

お店によってはもう既に完売しているところもあると思います。
できればお電話で問い合わせてからの方がよいかもしれません。



どうぞご利用くださいませ。


アサクラオイル、今年もとても評判がよく、嬉しいメッセージがたくさん届いています。

どうぞご予約しそびれた方、取扱店さんでお求め下さいませ。


ヌーボーオイル.JPG小





前のページへ