FC2ブログ

チェチの粉が届きました!(おいしいおいしいひよこ豆の粉)

チェチ(ひよこ豆)
2000㎏が届いています。

イタリア・マルケ州の生産者クリスチャンのチェチは、なんてったっておいしい。

小さくって硬いんですが、
煮ると甘くて旨味が濃いんです。

現地の人が長い間料理し食べてきたチェチは現地独特の煮方があります。
浸水の時に塩を入れてあく抜きし、
それから真水で煮るとチェチの味わいが120%引き出されます。

それを初めて口にした人は
まちがいなくハッ!とするおいしさです。

私も初めて食べたときハッとしました。

チェチを作ってくれるクリスチャンは新規就農なので
ゼロから農業をはじめ家族ができ、養い、
でっかい大地を耕し、安全で安心な食材を供給してくれています。

私は彼を見ていると、生きることの原点を目の当たりにし、
土にまみれて働く姿を見、応援せざるを得なくなる気持ちになります。
彼のような人が農業できちんと生計をたて生きてほしいなって思います。

それもこれも、パスタ用の原料のファッロの種まき依頼が始まり。
ファッロの後作で蒔くチェチやレンティッキエ(レンズマメ)も買取り、
日本の方に食べていただいていますが、

少しずつ広まり、多くの方に応援していただいています。
ありがたいことです。

大量に届くチェチの有効利用で

●チェチの水煮&ブイヨン(レトルトの煮汁入り)の開発
●チェチで手前味噌づくりの提案


をしてきました。

そして今回!
チェチの粉が新発売になりました!

IMG_1978.jpg




数年前から奥会津アンデス料理のお宿の料理長
大屋さんに粉の扱いをして~して~と懇願されてました(笑)

説明が必要な食材なので、
これ以上、どうしろっていうの!との思いもありましたが、
あまりに料理長が懇願するんで
今回しかたなく、取り寄せてみたのであります。

タンボロッジさんはアンデス料理には欠かせない
ひよこ豆の粉を熱望しており、
早速、わたし、そしてアサクラアイテムをご愛用の料理家さまの皆様をお呼びし、勉強会を開催しました!

そ、そしておどろくチェチの粉の使い勝手とおいしさ!

水煮にしておいしい、
味噌にしておいしい、

だから粉にしてもおいしいわけです!(笑)

なれない食材、新しい食材のチェチ粉。
使い方にコツがあり、料理長は手取り足取りまではいきませぬが、わかりやすく教えてくれました!

米粉のパンはどうしてもちもちしすぎる場合がありますが、
チェチ粉を入れるとさっくり感が。
IMG_1955.jpg


またプリンができますよ!
チェチのうまみは豊富に含まれるたんぱく質によるもの。

豆で豆腐もできますが、粉だとプリンもできる。
今回は応用で茶碗蒸しも作りました。
IMG_1962.jpg

おいしい~~~

私は、チェチ粉は卵を乾燥したようなものだ!
と思いました。

だから工夫次第でいろんなものに使えるはずです。

IMG_1965.jpg


料理長に教わったレシピも含めレシピ集に起こしてみなさんにシェアしたいと思っています。

ご参加の料理家さまにもご協力をお願いいたします!
チェチの粉の可能性、最大限においしくしていただきたいです!
IMG_1972.jpg


またそれを見ていただき、レシピコンテストも開催したいと思っています。

お楽しみに!

チェチ粉はすでにひっそりと販売していますので
どうぞ、こちらもよろしくお願いします!