次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-252.html

イタリア報告⑥最終回~やっぱりオリーブ

6-7月のイタリア報告記も最終回!
と、もう9月ももうすぐ終わり、しかも来月はまたイタリアではないか(ゲゲゲ~)

とまぁ亀ブログで申し訳ないです。
今日は締めくくり、やっぱりオリーブでしょ。

オリーブはあれからどんどん大きくなっている、
6月の終わりにちょっこし休暇の真似事~
アックアサンタのアントネッラ宅でごろごろさせて貰った。

といっても男手の無いアックアサンタなので手伝いを山のようにしてきた。
驚いたのが、庭の水道の手直し。

『レイコ、アックアサンタ(湧き水)のすぐ側を流れている小川の上流にトレッキングしに行こう』と
いうのでそんじゃ、いっちょ行くか!と
二人でかなり急な小川の岩づたいに沢を登っていく。

どんどん~かなりハードな沢登だ。
お陰で写真など取れるはずもない、ぜーぜーはーはーそりゃ、大変なものだったが、
途中から黒いチューブのようなものをアントネッラは気にしながら更に上流へ

『おぉぉ~~』とアントネッラがうなった先には岩に大きなタンクが!

そしてさっきのチューブが針金でくくりつけられている。
『なんじゃらほい?』とワタクシ、ぜーぜーしながら聞くと、

『庭の水道(といっても天然水の!)の出が悪いので、やっぱり!』

『やっぱりって何!?』ワタクシ

なんだよ~天然水道の修理か!イッパイクワサレタ~
針金が取れてて黒チューブがタンクから外れてる、それでもって水道の出が悪かったのだ。

『ねぇ、それって自分で取り付けたわけ?』とワタクシ

『そうよ。あはは』だって。


ワタクシ、マジで驚きました。
だって相当大きなタンクと、太い黒いチューブ、しかも下流から40分は登ってきた。
そんなところを~オンナデ一つで・・・・

ワタクシ~うなってしまいました。

『オトコ要らずだね~』とワタクシが言うと、
急に真顔になり『そんなわけ無いじゃない~』と半泣き。

そうだよな~とワタクシ、アントネッラがこのアックアサンタの石の大きな家の維持、畑、
天然の水道だってあるんだから。
これ、オトコデ無しで大変だって、しみじみ~

だれか、いい人いないかしらん。

ところで~
アックアサンタのオリーブ畑はちょっこし、病気にやられておりました。

【孔雀の目病】ってやつ。
そうそう、これがでると、ボルドー液をまくんだよね~(有機栽培で認められてる農薬)
オルチョも数年前まではこれがでるとまいてました。
(※しかし5年前から病気は発生せず、ボルドー無しで今年もしのげました)
IMG_3333.jpg

これが孔雀の目病に侵された葉っぱ。
IMG_3270.jpg
アントネッラの左側にうっすらと黄色い葉っぱがついてます、

そして枝にみっちりついてるのが
オリーブの花です。

アックアサンタは山なので、山の上の方の畑はまだ花が終わってませんでした(6月22-26日辺り)
アントネッラに孔雀の目の病気について聞くと、

たいしたことないわ、
木が浄化する為の一時的なものよ。だって。

うんうん、と私もうなづき、納得。
普通だったら、パシャ~って噴霧器でボルドー液をかけるんだけどね~

木の浄化(結局、「土」の浄化なのですが)によるこのシュチュエーションは必要なもので
薬で取り去ってはいけないのです。

薬で病気を取り除こうとする行為は人間が熱がでて解熱剤を飲むようなもん。
薬無しで身体が自らの熱により風邪の菌?と闘い、熱が下がると自然治癒だ。

葉っぱの病気で、これを自分で浄化できれば木がさらに健康になるのです。


私が滞在して3日目に結構大きなヒョウがフリ、ちょっこし被害がありました。
付けていた小さな小さな実が落ちてしまいました。
IMG_3331.JPG縮小


これがヒョウが降った翌日の枝の様子。
果実が落ちた様子ですが、わかりにくいかな。
こうやって果実も淘汰されていくのですね。。。。

来月の中旬、収穫まで何事もなければいいのですが。
アックアサンタの今年のオリーブもどうぞお楽しみに!


そしてアサクラ農園からも写真が届きました。
IMG_3572.縮小
6月の写真を覚えていますか?(ちょっと前のブログにでてます、花束の~)

あの時の色とりどりの花のシーンから大きく変わり、白い花で一杯になっています。
この画像をアスティ・自然栽培ブドウでワインを造るロレンツォさんに見てもらいましたら

「オンブレリフェーレ」という人参の仲間の植物だそうだ。
これが生えてくるということは土中がいろいろな意味で「豊富」になっており、土もやわらかくなっている証拠だそうで、
レイコ~いい土になってきてるね、とロレンツォさん。

ロレンツォさんは超こだわりのブドウ畑を北イタリアで栽培している(この件はイタリア報告のはじめ)

下草を収穫まで刈らないのも今年で6年目だ。
それなりに成果が出ている。
生えている草の種類が6年前とはまったく違うのです。
土は、確実に進化しその時にふさわしい草が生えて土の浄化をしてくれている。

今年のアサクラオイルは、またおいしくなってるぞぉ~~必ず!
IMG_3579縮小
これは8月末のアサクラ・オリーブ。
な~んと健康的な果実なんでしょ!
IMG_3578.縮小

今年は天候もよく、夏の前の降水量良し、夏は暑く朝晩の温度の差よし、

ここ数年は冷害、日照、降水量多すぎ---となんらかに悪条件に見舞われているなか
しかし~自然栽培のお陰でなんとかいい具合に収穫ができていましたが

今年はいまの所、ここ数年にない“順調”さ加減!!!
こんなの初めてですぞ~

なので今年のアサクラオイルも期待できると思います。
後は搾油所次第~~大丈夫か今年はあの搾油所の人々は~(笑)


あ~楽しみ!


アサクラオイルはとれもしないうちから見込みで予約を開始し(というのも自分の畑なのでよくわかるからです)
お陰様で予約が予想より多くいただきとりあえず今現在、締め切りにしています。

収穫後全量がわかり次第、もしかしたら追加予約を受け付けるかもしれません。
もしくは購入できる取扱店さんもありますのでまたご紹介いたします。
予約出来なかった方もまだチャンスはあります!


2009年産のアサクラオイル
そしてアックアサンタはいかがでしたでしょうか?

多数のご購入頂いた方から嬉しい感想をいただいております。
また機会がありましたらこちらもご紹介させていただきます~




















スポンサーサイト

All Comments

ありがとう

ピリッと美味しいオイル~子ども達も大好き!
またよろしくおねがいします!
アントネラさん、サバイバル力すごいなあ、、

URL | 2010/09/22(水) 10:00:43 | きみもに #- | [ 編集]

きみもにさん
いつもご愛用ありがとうございます~
お子さんは正直ですから。お愛想や二枚舌は食べ物に関してはないですよね。
お子さんに喜んでいただきうれしいです~
アントネラはそんじょそこらの日本人の男なんて目じゃありませんよ、食べ物しかり生きる術を知っている。凄いオンナです!

URL | 2010/09/22(水) 13:40:13 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する