次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

ナチュラルハーモニー河名さんと対談

オルチョ輸入販売開始からすぐに取扱店となっていただいたナチュラルハーモニーという
自然食品店があります。

ナチュラルハーモニー(略してNH)の代表河名さんとのご縁はもっともっと遡ると
20年以上のお付き合いになります。


というのも私がたなかれいこさん(食のギャラリー612)のところで働いていたときからのご縁。
河名さんが野菜の引き売りをしていたときだ。


その時から無肥料・無農薬の野菜を扱っておられ、
ハンサムボーイ(死語?→しかしほんとにそうだった・今は渋くなりましたね・笑)であった河名さんと野菜の引き売りという職業のギャップに
ワタクシ、変わった青年だな~と思っておりました。


ご縁はここから


ワタクシがその後、千葉の農家に嫁に行くのであるが
その前夫はEM農法なるものが流行りだしたときに実験農場地としてモデル農家となり
沢山のその筋の方が見学に来られたが

そこに河名さんが来るのです。


ワタクシと再開、河名さんは農家の嫁になっているワタクシにびっくり。


そのご縁でその前夫と作る大量に出来たインゲン豆を


買ってよ~と頼んだのです。


インゲンを見て河名さん、
駄目だな~虫が食ってるもん。


ところどころ虫食いと虫の居るインゲンを見て爽やかにそう言い放った。

ワタクシ
『有機栽培なんだから虫がいたっていいじゃない!そうかそうか、やっぱりスーパーの規格品のようなきれいな
虫食いの無い(偽モンの)有機栽培モンじゃないと買ってくれないのか』

と腹の中で怒ったのであった。




月日は流れ




私は前夫と破綻、


その後しばらくし渡イし、オリーブオイル屋として帰国し会津で起業するのであった。


そしてワタクシ、再度、オリーブオイル屋としてNHの河名代表を頼るのである。


イタリアから帰ってきたらNHはかなり大きくなっており、
河名さんの成功度の凄さに驚いたものだ。


そしてオルチョサンニータはNHに取り扱って貰うことになる。


それだけでは話は終わらない。


オルチョサンニータは無農薬、として売っていたワタクシでしたが
無農薬でなかったことがあるとき判明、
ワタクシは謝罪に走り大変なことになる。


あるセミナーでワタクシは大人数の前で事情を説明、自分の無知を詫びた。

そのセミナーには河名さんも来ており、
私の謝罪の後で河名さんが『自然栽培』『化学物質過敏症』の存在について講演をするのです。

化学物質過敏症の方は自然栽培の野菜しか食べられなくなってしまう人も多いという。

なんと言う現実。


自然栽培=無農薬はもちろん肥料無しで農作物を栽培すること。

化学物質過敏症=環境や食事、薬品などの影響で通常の生活が出来なくなってしまう病気、
有機栽培のものも食べられなくなってしまう。


ワタクシ、それを聞いてびっくり。
謝罪後のこの河名さんの話に、


『自然栽培のオリーブオイルを探さなければ』


と強く思ったのです。


そしてアサクラオイルが生まれていくのです。


ワククシの一つ一つのターニングポイントに河名さんが出現するのです。

なんと言うご縁なんでしょう。


20数年前出会った時も河名さんは極わずかだったが自然栽培の野菜を売ってた。それも引き売りで。
そして今も売り続けてしかも生産者へ、そして消費者に普及のために全国各地を行脚している。

ついでに書くと、天然菌の普及もしている
天然菌で出来たお酒やビール、お醤油や味噌は皆無って知ってました?(このブログの前のブログを参照)
河名さんはその普及も手がけている。


河名さんのようにぶれない生き方はそうできるもんではない。

若いときに既に信念を持ち、それをやり続けている。


『一隅を照らす 此れ則ち 国宝なり』とは最澄が残しているが


まさにこの通りの生き方。継続は力なり、ですね。


そして今はワタクシも自然栽培のオリーブを作っている。

このご縁の深さと今のワタクシを形付けてくれたことに感謝してもしきれない。


今回は河名さんがナビゲーターでワタクシ、しゃべってきました。
プチ講習もやりました!

NHのおいしい自然栽培のお野菜を引き算の料理でおいしさを引き出してやります。
かぶいため.縮小jpg

自然栽培のカブとほんの少々の玉ねぎとアサクラオイル(新モノ)と塩でじっくりいためて

カブ縮小

ひたひたの水を入れてやわらかく煮、ミキサーにかけるだけ。

自然栽培のカブがポタージュに変身。



シンプル=ベスト



とはこのことです。

ベターではなくベストね。

河名さん
対談後、河名代表と。
兄のような、いやちょっと違うか、親戚、従兄弟のような感覚が・・・笑


ちなみにオルチョはあの無農薬でなかったことが判明した時、生産者ジョバンナと
サルバトーレとひと悶着があったのだが・・・


それからオルチョもどんどん進化していくのである。


それはずっとずっと後になってからわかるのであるが・・・
これは今年の十周年で判明したのあるが・・・あっ10周年のパーティのHPアップも出来てない。
ぼろが出ないうちに・・・書いておきますが、

オルチョは今年も無農薬。
5年前から農薬を一回もかけてない。

この訳はまたいつか書くとして、


もう一つ、なんで虫食いのインゲンを買ってくれなかったか。
それもず~っと後になって判明(気がつき)します。

自然栽培の原理、土のバランスが崩れたときにそのバランスを取る為に虫が病気がでる。
土のバランス=本来自然に土の中に大量の肥料(動物質も植物質も)は入ることはないのに
人為的に肥料を入れることにより土のバランスが崩れる。農作物にそれらが吸収され本来必要の無い肥料分(窒素など)を虫がよってたかることにより食べてくれている。
大雑把に説明するとこういうこと。

今からするとかなり虫が沸いてたインゲンであった。
窒素過多だったのですね~


その後自然栽培オリーブオイル・アックアサンタのアントネッラに出会うのである・・・・


全てはその時に必要なものがワタクシの前に現れる。


ほんと、人生って不思議~~~










スポンサーサイト

All Comments

周りが変わろうが社会が変わろうが、変わらないことがある。

輝いてたよ!
朝倉さん!

URL | 2010/12/12(日) 15:48:11 | ともあき #- | [ 編集]

朝倉さんて凄い人なんだわ!!と改めて
感心しながら読みました。
ドラマチックなオイルと朝倉さんに出会えた
事に心から感謝しています。今後の活躍も楽しみです。
カブのポタージュの季節ですね!
早速作って食べなくちゃ。美味しいのよねえ!

URL | 2010/12/12(日) 17:35:12 | misako #- | [ 編集]

出会いの大切さをまざまざと見せて頂きました。

ただ、出会えていたことを気づくか気づかずに過ごしてしまうか・・・。
それは本人次第。
あさくらさんは出会えたことに気づいて大切に出来たから今があると思います。

生きて行く上で大切な事。
そう思います。

URL | 2010/12/12(日) 21:25:49 | 比丘尼 #- | [ 編集]

ありがとう

人の運命ってもう出来上がっているんですね、うま~~く!ただそこから、何を学んで行くか?にかかってる気がする。河名さんと葉山でお会いしたことがあります。なんだか農業のにおい以外を第一印象で感じるなあ~と思ったら、サーファー、、でした~^^/
朝倉さんがんばれ~あなたの仕事はイタリアと日本の掛け橋でもありますからね。
両国を元気にする、だから有り難う♥
ITALOGIAPPONESEより

URL | 2010/12/13(月) 19:27:45 | きみもに #- | [ 編集]

みなさん~
コメントありがとうございます~
当日は岩手から友人浅井さんが駆けつけてくれてお手伝いしてくれたり~大変助かり、ワラクシとてもうれしゅうございました。
対談も、楽しく、ぶっつけ本番でしたがなんとか無事終えることできほっとしています。

結果的にみればドラマティックに見えますが、長~~い時間の中での点と点を結んだら深いご縁が出来たって感じですかね~河名さんとは。
河名さんだけでなく、いろいろな人がそうです。

ともあきさんやmisakoさんも、きみもにさんも比丘尼さんその他もろもろの方ともこれから長~いお付き合いの中でますます深い中になっていくのかも。
そうに違いないと思っています!

URL | 2010/12/13(月) 23:20:41 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する