次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

味噌は日本人を救います!

これまでのブログに書いた反響でいろいろな情報が集まってきました。

特に『味噌』についての有効性は多数の情報がありました。

以下をお読み下さい。

***************************************************

●医学博士秋月辰一郎(故人)の体験談●

1916 年~2005 年。長崎市万才町生まれ。
当時の浦上第一病院医長。'52 年に聖フランシスコ病院医長、
'86年顧問。爆心地から1.4km で被爆。
医師として被爆者の治療に当る一方、永年に渡り被爆者の証言の収集を行った。
吉川英治文化賞、ローマ法王庁の聖シルベステル勲章、他。著書に長崎原爆記、死の同心円


1945 年8 月9 日、長崎に原爆が投下された。その爆心地から、たった1.8kmのところで、当時聖フランシスコ病院医長であった秋月辰一郎博士と病院関係者は全員被爆した。
(中略)さらに博士は、次のように職員に命令したという。「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」
(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

「放射線宿酔」と呼ばれる。レントゲンを受けたあとに起こることがある全身の倦怠や筒宇などの症状には、体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということをとっさに思い出し、原爆の放射能から体をガードするには、塩が有効であることを推理したのだ。みそ汁の具は、カボチャであった。
のちにわかめのみそ汁も多くとったらしい。砂糖を禁じたのは、砂糖は造血細胞に対する毒素であり、塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与えるという、彼自身の食養医学によってである。
すると、どうであろう。そのとき患者の救助にあたったスタッフらに、原爆症の症状が出なかったのである。ふつうなら、しだいに原爆症の症状が出て、進行してしまうところなのに、彼らはそれからのち、ずっと現実に生き延びているのである。
このことは、私にとって大きなショックであった。食というものによる、見かけからはなかなかわからない「体質的な強さ」というものの重い価値を知り驚嘆した。ちょっとした体質のガードが、明らかに生と死を分けているからである。博士は人間の体質にとって、みそが実に大切であることを説き、のちにこう語っている。
「この一部の防禦が人間の生死の境において極めて重要なのである」

付け加えると、
チェルノブイリ原発事故前後のミソの輸出量の比較をすると明らかに、ベルギ-・ドイツ・オランダ・イギリス・フランスなど欧州で増加。特にベルギ-は39トンから150トンと輸出量が増加している。

<秋月辰一郎著「体質と食物」クリエー出版部刊より引用)

***************************************************


この秋月さんの記録は有名な話だそうで、今またこの事態のために蘇った体験談です。


ではこのお味噌についてびっくりする話がもう一つ。
現代の味噌事情です。



わたしも、つい最近、といってもここ一年ぐらいに理解できたことなのですが



日本が誇る発酵食品。

これは味噌や醤油、お酒やお酢、納豆などもありますね。

この発酵食品、私たちの食生活に欠かせないものですが

残念ながら!昔ながらの本当のものがないという事実、知ってますか?

発酵させるには原料となる澱粉に麹菌(一部アジア地方特有の菌)が住みつき澱粉を餌に菌が増殖し『麹』となります。
米に付着すれば『米麹』麦に付着すれば『麦麹』になります。
これらの麹菌はもともと自然界・空気中に浮遊しており、

味噌や醤油の酒醸造元の蔵には蔵付の天然麹菌が住みついています。
いや、正確に言えば存在していた。(と過去形)


いつの頃からか(戦後)大量生産する技術が生まれ、均一に大量につくればコストダウンできる。
消費者は『安価』にひきよせられるので生産者はどんどん安く作れる味噌や醤油を作らざるを得なくなりました。


天然に住みついた麹菌では大量生産は無理、
そこで『純粋培養した麹菌』がつくられるようになったのです。


麹菌は原料の大豆(たんぱく質)と合わさることによりさらに発酵過程を経て乳酸菌などの力を借りて、アミノ酸に分解されおいしく香り豊かな味噌(や醤油)が出来上がります。
これらは菌の力を借りてゆっくり時間をかけて発酵し、出来上がります。

しかし

戦後、

速譲法という便利な発酵食品の造り方が開発されました。
醤油も味噌も丸大豆を原料にして作られるのが普通ですが、油を絞ったカスの大豆で作られるようになります。

味や風味、そして生きた発酵食品なので本譲造は日持ちがしますが、速譲法のものはそののようにはいかないので
大量の様々な添加物が投入されます。


純粋培養の麹菌、は昔は存在しなかった。
技術革新でつくられたもので

麹は味噌以外に『酒』にも使われるのはご存知ですよね。
もちろん酒の為の麹も純粋培養菌です。
そして納豆も納豆菌は自然界(稲わら)に存在するものですが、すべて純粋培養のものです。


前出の長崎で被曝したにもかかわらず原爆病等にかからなかった秋月医師の体験から
食品の力が大だという事がわかりますが、


ここで考えてみてください。

戦前は大量生産、本来の食品のあらゆるものが添加物や『はしょった』作り方、しかも菌も純粋培養でできたもの
自然界の中で生かされている私たち人間がたべるものとして
人工的に作られるものは本来からほど遠いものになってしまいました。


長崎の秋月さんの事例は純粋培養ではなく本来の天然菌でできた味噌や伝統製法の自然塩、無農薬の玄米を食していたから救われたのだと思います。


福島原発の事件は悲しく恐ろしいですが、


この長崎の事例を今こそ、耳をそばだててよく理解し、実践していく。
そしてこれを機会に自分の食生活を見直す。


・お腹一杯食べてた自分
・添加物も見て見ぬふりの自分
・食べ物であるのに工場製品・薬品にまみれた食品に無関心の自分
・折角のいい食材もちょっと便利にレンジでチンしてた自分


私も含め自分のこととしてみんなが考えるときです。
放射能は恐い、しかし救いはあります、それは本来の食事で料理したものを食べること。

これならだれでも出来そうです。



さてさて、この天然菌(蔵付酵母)で作られた味噌はとても貴重な存在です。
日本にはほとんど存在しませんが作ってるお味噌屋さんがあり、そして販売しているところがありす!!!!!!(パチパチパチ)



私ももちろん、食べています。


ここでご紹介しますね。
私の知っている範囲なのでこれ以外にもあるかもしれません、
そのような時は是非発信してください!


ナチュラルハーモニー(世田谷下馬店・学芸大学前下車)03-3418-3518
●ナチュラルハーモニー(世田谷玉堤店)03-3703-0091
●ナチュラルハーモニーかかしの夢(多摩市・聖蹟桜ヶ丘下車)042-337-4808
●ナチュラル&ハーモニックプランツ(横浜・センター北下車)045-914-7505
●ナチュラル&ハーモニック銀座(中央区・東銀座下車)03-3562-7720

※ナチュラルハーモニーは味噌『蔵の郷』のほかにも天然菌で『醤油』『酢』『日本酒』『ビール』を開発しており全て原材料は自然栽培の穀物・豆類をしようして作っているある意味、究極、ある意味あたりまえの、
ある意味本来の食品を提供しています

サンスマイルショップ(埼玉・ふじみ野下車)049-264-1903 天然菌味噌『日本一』(原料・自然栽培)

びんちょうたんドットcom 通信販売専門『てまえ味噌』(原料・自然栽培)

森の菜(福島県郡山・移動販売)090-17743187 『蔵の郷』(原料・自然栽培)

マルカワ味噌0778-27-2111(原料・自然栽培のものもあり、ここの味噌は全部天然菌)


と、以上です。

お味噌の本来の恩恵をもらえるのは本物のお味噌からのみです!


スポンサーサイト

All Comments

家では大豆も米も作っており
町内の麹屋さんにその米と大豆と先祖代々継がれた味噌桶に味噌を作ってもらっているので自家製。
市販の味噌は、ダシに味噌をいれたときになかなか溶けなくて気持ちがわるいし
やはり風味が劣ります。
味噌桶自体に住み着いた菌とともに
大事に継いでゆきたいと記事を読んで
思いました!!

URL | 2011/04/03(日) 00:14:02 | オリオリ #ehuBx04E | [ 編集]

オリオリさん

すばらしいですね!
味噌こそ日本人の生命線。いい、本物のお味噌をたべなくっちゃですね、今こそ。
自家製の味噌を作られてるとのこと、
私も実は震災前に大量の味噌を作ってたんです、これ~~今貴重品です!
って食べられるのは一年後ですが。

それと失礼しました
天然菌のお味噌買えるお店
ナチュラルハーモニーかかしは
多摩市の間違いでした、ご指摘があり今ほど訂正しました、大変失礼しました。

URL | 2011/04/03(日) 08:46:11 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する