次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

支援について

明日の風向き予報は下記を(ドイツからの情報です)
下の方にスクロールすると三つの日本地図がありますが、一番下の地図をクリック
すると
風向きによる放射能の広がり方が(予報)が出ます
http://www.dwd.de/
これによると福島から南にかけ風が流れるとのことなので
そちら方面の方は特にマスクなどの防護をされるといいと思います。



さて


支援についてもさまざまだ、というのが
だんだん判ってきました。


被災地に救援物質を送る、
また
行動的な人は実際に被災地に行って『不足物』を届けることや『後片付け』などをする、
週末はいつもの倍のボランティアがかけつけたとのことです。


この震災は稀に見る規模、しかも原発が関連しているので
被災された方たちの人数が膨大であると言うことと、被災期間が長期化することが予想されます。


ボランティアや物資の援助や募金など、

その時ぽっきり、ももちろん有効だと思いますが、


元気な人は(わたしも含め)長期化・継続を目標に支援できる体制を整えてはいかがでしょうか?


時間が経つほど端の人は現実の『風化』が考えられ、
また長期化は被災された方の心身共の疲労や経済的負担も考えられます。


それを今から心構えしておくことが大切だと思います。


どういう形が?はみなさん一緒に考えましょう!

例えば、トイレットペーパーだって
今どかんと寄付ももちろん良いことですが、

長期的に考え 一梱包(18個入り?)のうちの一つを常によけて被災者のために取っておく。
それを何ヶ月も続けて、自分だけではなく、お隣さん、仲のいいお友達同士、なんでもいいや、

一人より二人、集まったものを定期的に避難所やこれから続々できてくる仮設住宅に送る。


あくまで例えばですが、
貯金箱に一週間に一回、なにがしかの金額を入れるようにする。
これもみんなでやる。

集まったら定期的に寄付をする。


こんなのどう?

考えてみましょうよ!私もやってみます。


それと、ディスカッションの大切さ、最近しみじみ感じます。

先日は舘岩のタンボロッジのお二人がパスタを購入にみえました。
ぺちゃくちゃ、震災のこと、心構え、食・・・・
色々なことをスタッフも交えておしゃべりしました。

色々なヒント、そして勇気をもらいました。


福島県民として私も風評による被害など、生々しい声が届いてきますが
色々な人と実際にディスカッションしていると(もちろん建設的ポジティブなディスカッションです)

色々な意見が出て、アイデアがわき、ひらめきがわき、

とてもいい!


こもっているだけではなく、ネットの情報を一方的に見るだけではなく、

生身の人間同士この件について話し合ってみてはいかがでしょう。


その人なりのグッドアイデア、そして心の安らぎが得られるはずです。



今日は新月。


凝縮されたひらめきもあるはずです!




スポンサーサイト

All Comments

安心しました

朝倉さん

タンボロッジさんのブログ拝見して、
朝倉さんのお顔がみれて安心しました。
写真が小さいので「元気」なのか
「元気そう」なのか分かりませんが
兎にも角にもお姿がみれて本当に
良かったです。

>長期化・継続を目標に支援できる体制
私も考えて実行に移しますね。

URL | 2011/04/05(火) 00:27:59 | マスミツコ #- | [ 編集]

町長に陳情

昨日岩手町長に面会。
遊休地の作付けによる食料の長期支援、廃校(去年まで現役)を利用した被災地の方々の受け入れの可能性など30分ほど話をしてきました。
春の作付けまでに岩手はまだ時間があります。可能性のあることはアタックします!

URL | 2011/04/05(火) 12:10:03 | 浅井朝明 #- | [ 編集]

マスミツコさん

元気ですよ!(あの時は)
ただし、
昨日の昼からぞくぞく~~っと来て
喉がかれてきて鼻水も・・・風邪引きました!
夕方から今日の昼までぶっ続けで寝ました。
イタリア帰国からずっと全力疾走、睡眠不足だったので風の菌にやられたようです。
お陰で悪いもの全部出して今は快調です。
ご心配本当にありがとうございます。
そうそう、できる支援、『今』『長期的』みんなで意識しましょうよ。大きな力になりますよ。

浅井さん
被災をおいといても休耕田があるというのがまずおかしい。
今回の件では秋以降の食料は確実に減るはずです。休耕田なんて言ってられませんよね。
各自治体がもっと意識を持たなくては。
町長にかけあうか~浅井さんらしいな。

URL | 2011/04/05(火) 23:07:50 | アサクラ #- | [ 編集]

現地に支援に行く、
と書いたら、

たくさんの方に止められました。
その説得を聞いて、私のような軟弱・虚弱な身にはもたんだろうと。
行ったとしても、何もできないだろう、私自身もそう思います。
ここで出来る支援を考えることにします。

URL | 2011/04/06(水) 06:14:40 | アサクラ #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する