次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

子供たちのために『今』できること~田中優さん講演会

チャリティーパスタのご協力本当にありがとうございます。

途中経過報告です。

6月22日発売開始、本日7月14日現在累計581袋チャリティーご協力総額174,300円!
となっております。

ご協力いただきました皆様には心よりお礼を申し上げます。
チャリティーパスタはアサクラパスタ製麺所社長マリオさんからの寄付です。
1000袋ございます。あしなが育英基金に全額(消費税を除き)寄付させていただきます。
チャリティーパスタご注文ページ


さて、昨日は楽しみにしていた田中優さんの講演会。

■田中優さんの紹介■
1957年東京生まれ 地域での脱原発やリサイクル運動を出発点に環境や経済、平和などさまざまなNGO活動に関わる。現在「未来バンク事業組合」理事長ほか 著書に「原発に頼らない社会へ」など多数


ツイッターには震災のとき助けられたワタクシですが
(ワタクシ震災時イタリアにおり、ツイッターだけはリアルタイムのツイートがみれた)

ツイッターで田中さんの講演会話題が何度も出てとても好評、ためになるなどのツイートに
どんなことを話す人なのか、とても興味を持っていた。


東京まで聞きに行こうと思ったがそうこうしているうちに会津講演が決定、
それが昨日だった。

一番前の席に座り~~~しっかり聞こえるように準備万端。

田中さん2時間次から次へとデータ検証を見ながらしゃべりまくり。
すごいエネルギッシュな講演でした。
今までの原発の知識と検証は膨大、そして未来への展望と がががが~~~と
聞き漏らすまいと、一分たりとも緊張の糸は緩むことなく最後まで面白かった。


とても有益な情報なのでこのブログでまとめてみたいと思う。
といってもワタクシが昨日聞きながらメモを取ったものと
24時間たってしまったが残っている記憶を元にまとめます。

詳しくは著書もあるのでそれを読んでいただきたい。
ワタクシも著書「原発に頼らない社会へ」を購入しました。



じっくり読まなければ!



さて

3月11日の地震・津波の影響で福島原子力発電所第一原発に問題がおこり
15日21日に水素爆発が起ったわけだがそれを機に

その時放出された放射性物質がシンプルに風の流れによって日本の各地に広がって汚染しまった
つまり

●原発からの放射性物質の汚染が広がっている事実
(いまだに収束していないがじわりじわりと放射性物質はでている、しかし前の比ではない)

そして放射性物質が広がるもう一つの要因として

●ごみ焼却場が発生源になっている
→これは風に乗って届いた放射性物質が地上に降り注いで落ち、色々なものに付着そしてゴミとなり
焼却場で燃やすことにより線量が高くなる現象がおきる。


【放射性物質の性質】
プルトニウムなどは重いため、比較的遠くに飛びにくい、原発3km圏内ではその線量は高いが
それ以上遠いところには
(ヨウ素)と(セシウム)が広く届いている。

この
(ヨウ素)の半減期は8日 
(セシウム)の半減期は30年

今現在4ヶ月がたっているので
(ヨウ素)は1/5000になっており、ほとんど心配のない量だそうだ
身体へはよく知られているように(甲状腺)にたまる性質が有る

問題は
(セシウム)で半減期が長く1/1000まで下がるまでには300年だったか?
とほうもない時間がかかる。
身体への影響は(筋肉)(子宮)にたまる性質が有るそうだ


これらの放射性物質は細胞分裂が盛んな胎児のうちから被曝する可能性があり、小さい子供など
成長中の細胞に影響が大だそうでだから子供は放射線を浴びないに越したことがない、とのこと。

セシウムは‘ほこり‘とくっつく性質が有るので集めて『隔離』すれば解決することは可能。


【外部被曝と内部被曝】
こうして流れてきた放射性物質を身体の表面に受け取ってしまうことを外部被曝、
外部被曝より危険なのは食べ物飲み物そして吸う息から取り込んでしまう内部被曝。


【自衛策・知っておくこと】

●森などは葉っぱや木など(表面積が広い)ので放射性物質がたまりやすい。
子供たちには草むらや側溝などにたまったものなどを触れさせないようにする。

●外の環境、雨どいなど水で流れなかった溝のほこり・土ぼこりにセシウムがたまっている可能性が大で
これを取り除き『隔離』(つまり囲って捨てること)すればいい。いわゆる『除染』ってやつ。
※国・自治体は ゴミ処理場に集まる放射性物質を燃やし、カサを減らし『隔離』すべきだ、と。

●『食べ物』
在日仏人が仏外務省よりの通達に「食べ物」に放射線量がなければ産地で選ぶように-とあるように
放射性物質の基準値以下のものを口にする、そして
もし基準値以上のものが出た場合は東電が保証すべき、と田中さん
風評被害はいけないが、基準値以上のものを口にすべきではない

野菜などは自治体が測定すればいいのでは。と田中さん

→事故が起こる前の国の基準は無いに等しかった
(電力会社と国は原発は安全で絶対放射線漏れはありえないと思ってたから)
唯一あった基準が、チェルノブイリの時に(輸入食品)のために基準が作られている。
(数値は著書をお読み下さい)

とにかく、皆さんもご存知のように始めの基準値より引き上げられ
何の為の基準か、田中さんは何度も『甘すぎる日本の基準』と繰り返されていました。
(アサクラ昨日メモによると え~~と驚く外国との比較の日本の今回の基準値です~つまり高い。バカ高い)

●『飲み水』
すぐできる自衛策は水1リットルに 1gの炭を入れる(たしか24時間後に飲める)
これで(ヨウ素)はほぼ除去できるとのこと


●『空気』
一日に吸う空気の量は膨大、人間は飲食の実に5倍の重さの空気を身体に入れるんだって!
気をつけている人と気をつけない人の差は大きい、と田中さん。
セシウムはほこりにくっつく(つまり何か他の物体)のでほこりを口・鼻から入れない、
『マスク』はとても有効だそうです。(花粉症用のマスクはかなり有効。マスクの値段もそれほど高くない。ぬれたガーゼをつけるとなお効果的)

●『免疫力』
これを高めるのに越したことがないので有るがなんと『ポジティブ』に生きる
ってのがかなり免疫力を上げるらしいです。

ちょっと脱線ですが、
あっちこっちでアサクラさん、『意識』次第ですよ。
と最近何人もの人に言われた。

自分の『意識』が変わると身体の免疫力もあがると田中さん。
『心配』『悲しみ』『不安』をずっと持ち続ける
『だめかも』『このやろー』『バカヤロー』
(この三つは田中さん言ってません・ワタクシの見解)はろくなことが無いってことです。
免疫力が下がる。


むしろ、この311をきっかけに、この日をターニングポイントに
私たちの世の中が変わる!変える!という『意識』をもとうではありませんか!と田中さん。
(ワタクシ、隣のスタッフ・ハヤシ、2人でうんうんうなずく)


そして田中さん、
もちろん『どんなものを食べるか、食べ物のチョイス』も重要と。
田中さんは(解毒力のあるもの)(抗酸化物質)、
例えばゴマなんかがいいと。

またワタクシの見解ですが
(解毒)(抗酸化力)といえば8000年の歴史のオリーブオイルじゃない!と心で思った次第です。
オリーブオイルも自信を持っておすすめしなくちゃ!とこれも心で思った次第です。


繰り返すが311から『従来の常識』から『新しい発想』に転換の時期が今!と田中さん。


後編は電力会社の仕組みについて詳しく説明がありました。


ワタクシの頭、飽和状態ですが一つ重要だと思ったのが

『電力のピーク』です。

電気は貯める事が出来ないそうで、発電したらすぐ使わないといけないのだそうだ。
驚くことに、一年間365日×24時間=8760時間なのだが

一年間で事業所・家庭をあわせてピークが電力供給量を超えるのはたった10時間しかないそうだ。
10時間/8760時間!!!!

ピークは大体夏場の14~15時の一時間が起きやすい。


電気を使う割合にも聞いて驚いた。

全電力需要の

家庭が23%
事業所が70%以上

電気代の仕組みにも驚く

家庭の電気代は使えば使うほど料金が上がるが、
事業所の場合は使えば使うほど料金が下がる仕組みになっている。


だから、事業所はガンガン使うわけで『節電』からかけ離れてしまう。

これが逆になれば問題ない、ピーク時を回避することはたやすい、と田中さん。
電力会社は、この10時間/8760時間のために発電所を増やしているのだ。

こんなバカなことってあるの?
ワタクシ、もう目が点です。


田中さん色々なデータをパワーポイントで見せてくれ、どれも興味深いものばかりです。
それらのデータをまとめると

『夏場・平日・日中、午後2時から3時 気温31℃を超えた時→ピークがくる』とのこと。


だからこの限られた条件をクリアすればいいのですね、簡単そうじゃないですか!

家庭レベルでは節電しても意味がない、ようなことを田中さん発言されており(割合が小さいので)
一つできることが有るとしたら
『次回買う家電製品をエコ仕様にする』→これだけで今までのレベルと比べぐ~んと節電が出来るそうです。


企業とは

賢い人が起こし、リーダーシップをとり、運営し、真っ当な利益を上げる。
そういうものなんじゃあないでしょうか?

しかし、残念ながらそうじゃない!
(もっと詳しく田中さん解説しておられます、詳しくは著書をご覧下さい)

ま~だま~だ講演内容のメモ書きはありますが、
最後に

もう一つとても嬉しいことをおっしゃってた。

今の世の中の流れは『脱原発』から『自然エネルギー』へとなっています。
しかし、自然エネルギーって?今ひとつ実感がわきません。

そこで田中さんはいいます。
『まずは節電』事業所・企業に節電をして貰うのです。

使えば使うほど安くなり仕組みではなく、逆にし、節電を促す。
これでかなりの電力が節約でき、発電所の量も減らすことが出来る。


そしてその先に自然エネルギーがあるのです、と。


自然エネルギーは太陽光だけではありません。
日本には他国にない山があり、川があるので水力発電が容易に出来る(小さい規模で)


そして地熱エネルギー、これは世界有数の技術が日本にはあるそうで

ここでアイルランド(日本と同じ条件の国・地震国・地下資源無し)の例を出し
地熱エネルギーでほぼまかなうことが出来つつある国らしい。

しかも!その地熱エネルギーの仕組みは輸入品で日本製、日本の三菱が活躍しているそうです。

原子力発電は一基もなくても実は日本は大丈夫だと最後に力強く田中さん、おっしゃっていました。
見せられたデータに基づきとてもよく納得できました。


明るい未来が待っている!
311がターニングポイントだったね、と将来の子供たちといえる時が必ず来る、と田中さん。

昨日の聴衆はみな最後笑顔になって終了。
本当にいい講演会でした。


田中優さんの講演会、機会があったら是非行ってみてください。
一人一人の意識、そして知ることは重要です。

無関心じゃあいけない。
だめだよ~~そんなの!


今私たちにできることも一杯ある、そして子供たちのためにやらなければならない。



田中さん、会津に来てくれて本当にありがとうございます!

原発に頼らない社会へ こうすれば電力問題も温暖化も解決できる原発に頼らない社会へ こうすれば電力問題も温暖化も解決できる
(2011/04/21)
田中 優

商品詳細を見る























スポンサーサイト

All Comments

免疫力を高める

臨場感あるレポートをありがとうございます。いい講演会でした。

3月11日から別の発想をしていかなくちゃいけない。別の世界になったのだということが腑に落ちました。この変わった世界でできることはまだあるという希望をもらった講演会でした。

電気の仕組みを変えていこうと声をあげることもそのひとつ。聞けば単純に解決できそうなのになんと複雑になってしまったのかと思うけれど、3月11日以来の世界でできることを実践していこうと強い気持ちになれました。

個人的にもオルチョがすっごくおいしく感じるのは体が欲しているのかもと思っています。オルチョのある世界でよかった(^^)

URL | 2011/07/14(木) 23:39:31 | ハヤシ #TRcOFq4w | [ 編集]

そうなんですよ!田中さんの講演会は大変ためになりました。私なんて、2ヶ月前に幼稚園にDVDを配布。店でも配布。幼稚園は田中さんのおかげで目覚めてくれた、といっても過言ではございません。

事実を見つめながらも、将来の日本のあるべき姿を提言。ホンマにすばらしい講演会です。ラビーダでも呼びたいくらい♡

URL | 2011/07/15(金) 21:04:11 | YUKI #- | [ 編集]

ホントですね~優さんの講演は多くの人が見るべき。
8月はじめに会津若松市長・市議の選挙がありますが、政治家にもみて貰いたかった、あと教育者。学校の先生、子供を持つ親たち。
事実を知りあとは実践と意識を変えれば何とかなる!とワタクシ、思いました~
ラビーダで是非呼んでくださいませよ。

URL | 2011/07/15(金) 22:16:09 | アサクラ #- | [ 編集]

脱 依存症!

我が家は3.11の停電から冷蔵庫をやめました。東京から岩手に来て四年目の快挙です。生活が徐々に自給自足へシフトしています。

今年は全ての人が問いかけられています!
どこへ向かうのか!決断の時です。
ハッキリした目標を定めて生活すれば少しずつ必ず変わります。
但し手放さなければならない物も必ずありますね(笑)
朝倉さんに元気エネルギーが充電されて良かった!

URL | 2011/07/15(金) 22:26:05 | ともあき #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する