次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-388.html

ジャムについてのお問い合わせ

※発送予定日を下段に追記しましたまた
アサクラオイルの購入できるお店情報も記載しました。最後までお読み下さい






ジャム類のご予約が始まっています。


たくさんのご予約、本当にありがとうございます!


夏の緊急輸入『丘の上のポモドリーノ』を限定1000個、としたため、
あっという間になくなってしまいました。
(今回年末に入荷のものから定番商品になります)


それしかないのなら、と思われた方が多かったのでしょう、
殺到して数週間でなくなってしまいました。




今回も入荷予定のジャム5種はそれぞれ限定品になっています。


この数を公表するとご迷惑をおかけする可能性があるので、
今回は書かないでおくことにしました。


ですのでなくなり次第、終了、ということでご勘弁いただきたいと思います。


さてこのジャムについてお問い合わせが多いので
ちょっくら説明したいと思います。


入荷するのは

●オレンジムース
●あんずのコンフィチュール
●ブルーベリースプレッド
●栗のクリーム・オレンジ風味
●栗のクリーム・チョコとラム風味


の以上です。

どうです?名前だけ聞いてもワクワクしませんか???



そしてお問い合わせが多かったのが

■なんで名称がそれぞれ違うのか?
ジャムって統一していない。
コンフィチュール、と統一していない。



これにはわけがあるのでございます。




イタリア語で日本語の『ジャム』に相当する言葉は

『マルメラータ(marmellata)』
もしくは
『コンフェットゥーラ(confettura)』いわゆる「コンフィチュール」(仏語)です。


『マルメラータ』と呼ぶものは【柑橘】原料に限られていますが、

その【柑橘】を原料とし【砂糖】を加え、

マルメラータの場合は皮と汁のみでつくったものを命名出来ます。


●オレンジムースは
オレンジを丸々一個全て、使用しているので(つまり果汁も果肉も皮と実の間の白い部分も)

マルメラータと呼ぶことが出来ないのです。


サンドラの独特なレシピのオレンジジャムは丸々のオレンジで作っているので(つまりホールフードね)
かなりトロトロしています。

マルメラータと呼べないのでサンドラが独自に『ムース』と命名しています。

白い部分が入っているため、少々苦味がありますが、これがまたいい。
5種の中で私が一番気に入っているのがオレンジムースです。

ちなみにこのオレンジはシチリア産の有機のものを購入してつくっています。


そして

●あんずのコンフィチュール

ですが、

イタリア語の『コンフェットゥーラ』は【(果物の)果肉そのものが入ったもの】だけが命名でき、
且つ、【砂糖】が入っていなければならない、という法律があります。


この中ではあんずだけがコンフィチュールと命名できるのです。

あんずコンフィチュールのやわらかさ加減は割りと固め、いわゆる『ジャム』ぽいです。

あんずのジャムなど、私は買い求めたことはこれまでの人生全くありませんでしたが、

このあんずジャムの香りのいいこと!
甘さも私好みです。

そして口に入れるとフレッシュなあんずの味と香りがするのです。
『煮込みました~~~』っていうものとは思えない風味の高さです。

これもおすすめです!
来年はあんず収穫、加工工程見学に行きたいと思っています。



●ブルーベリースプレッド

こちらは夏に実際にブルーベリー畑をみてきており、一番思い入れがあります。


『スプレッド』とは、【塗るもの~~】とでも訳すのでしょうか、

本当なら『コンフィチュール』と呼べるところですが
砂糖不使用なので法律にのっとり、コンフィチュールとは呼べません。
柑橘でもないので『マルメラータ』でもありません。


オレンジムースと同じく、
サンドラが命名したファンタジーの名前です。


砂糖の変わりにぶどう果汁でほんのりと甘みをつけており、
5種の中では一番甘みが控えめです。

本来の野生のブルーベリーの味を味わっていただく為です。


こちらは生産者が自慢していましたが、
この地区(エミリアロマーニャ県・モデナ地区)のブルーベリーが世界的にも栄養価が高いことが
わかっており、『食べるサプリメント』と言っておりました。
(この件は、後でまたクローズアップしたいと思います)

なにせ標高1700m以上の高山にできる野生のブルーベリーが原料です。
なにせ貴重です。
なのでお値段もそれなりでございます。


●栗のクリーム・オレンジ風味
●栗のクリーム・チョコ・ラム風味

につきましては

【栗】は果物ではないので『コンフィチュール』でも『マルメラータ』でもないので
砂糖を使用していますがこの二種には命名が出来ません。

そこで『クリーム』としており、

11月のブログでもご紹介(大反響でした)しておりますが、
トスカーナのプラトマーニョというそれはそれは自然が一杯の素敵なところでできた栗を
原料にしています。

これも『クリーム』とは命名していますが
結構トロトロ系です。


パンに塗るのも良いですが、
そのままスプーンで口の中に直接入れて味わっていただいてもいいな~と思います。

パンだけでなく、

スコーンやプレーンなビスケット、ポンせんなんかにもあいますよ!



というわけで、

5種の違いが少しイメージしていただけたでしょうか?
なにか他に疑問等ございましたら遠慮なくお知らせ下さい。


どれもおいしいので、おすすめですが
人によって好みがありますからね~~~


入荷はクリスマス前後を予定しています。が!なにせ輸入品ですので
はっきりくっきり、いつお届けできる、といえないところです。


どうぞ、ご理解いただき、首を長くしてお待ちいただければと思います。


ジャム類の説明は
http://www.orcio.jp/radici/index.htm

追記しますと
『丘の上のポモドリーノ』は再入荷し、これは今後定番商品になる予定です。

こちらは入荷が年末、発送の目処は年明けとなります。

改めて入荷の予定を記載します。

●ジャム類       12月中旬入荷、クリスマス前後からご予約順に発送
●アサクラオイル    12月末入荷 年明け発送
●丘の上のポモドリーノ 12月末入荷、年明け発送
●新商品のパスタ    12月末入荷、年明け発送



以上でございます。

(ご注意点)
入荷、発送がずれており、面倒で申し訳ございません。
基本的に、全部のご注文品が揃った時点での発送となります。
その他の在庫品と一緒にご注文されたお客様で入荷次第の発送のご希望のお客様のみ
必ず、その旨をメッセージいただきますようお願い致します。


◎アサクラオイル購入できるお店は下記をご覧下さい
http://www.orcio.jp/shop.htm
表一覧の右側に取り扱い品名が書いてあります。













スポンサーサイト

All Comments

砂糖

砂糖は具体的にどんなものをどのくらいの割合で使っていますか?

URL | 2011/12/10(土) 05:08:21 | ともあき #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する