次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-498.html

チェチのこと(1)

ひよこ豆、アサクラでは「チェチ」とイタリア語読みそのままで販売しています。



そのチェチは

イタリアマルケ州で自然栽培に取り組むクリスチャンが作っています。



震災前の11月、

友人を通して知り合ったクリスチャン。



自然栽培の小麦ファッロを作る生産者を探してたご縁でした。

その年すぐにアサクラパスタ用に加工するためのファッロ小麦が

イタリアの大地に蒔かれそして芽が出てめでたく!



翌年にはクリスチャン自然栽培ファッロ小麦の全粒パスタ(セダニーニ)というショート麺に加工され

日本にやってきたのでした!



正直、あんまりよく売れませんでした。

パスタの形が悪かった!



そして翌年はタリアテッレという幅広のロング麺(名古屋のきしめんのような)に加工

販売、これがおいしくって、ビックリポン!



クリスチャンのファッロ小麦は引き続きタリアテッレに加工することになり定番になりました。



そしてワタクシも日本向けアサクラパスタ用のファッロは全てクリスチャンの小麦に移行したく、

彼にどんどん畑に種をまいてくれるように頼んだのです。



畑は休耕畑を借りて少しずつ広がったのはいいのですが!



クリスチャン、麦の翌年は豆をまいて

畑をローテーションさせています。



それで、アサクラ用のパスタ用小麦の畑の次は

彼、

他と同じようにチェチやレンティッキエ(レンズ豆)を蒔くのね。



そして3年目かに

クリスチャン「レイコさん、豆も買ってもらわにゃ~~」

「畑のバランスが困るじゃよ」



と、言うではありませんか!



豆~~~ぇ!!!???(@_@)



豆、ワタクシ不得意~~

と一瞬ひるんだのは彼はみていたと思いますが、



自分の都合ばっかり言ってられませんから。

しゃ~ないな~と

販売を引き受けることにしたのです。



そしてチェチとレンティッキエがその翌年に届き、

途方にくれましたが、



埼玉のサンスマイルさんは自然栽培の豆の卸問屋。

社長の松浦さんにはいろいろと、お世話になったりなられたり(笑)



そんなご縁で、サンスマイルさん経由で豆は販売していただくことを

お願い、そして松浦さん、快諾!



そんなわけで4年ほど前から豆の販売が始まったのでございます。






チェチ縮小15


画像は2015年夏 チェチの畑 一さやに一粒入っているチェチ!

続きはチェチのこと(2)に書きたいと思います。





スポンサーサイト

All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する