FC2ブログ

次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-590.html

丘ポモ生産者アントニオの農家民宿の魅力

【丘ポモ生産者アントニオの農家民宿の魅力】

何といっても
丘ポモ生産者の魅力は

生産者家族の一人一人のキャラだ。

父であるアントニオ、
大地に根ざした、
その地にふさわしい作物を育て、つくり、供給、

出来た一部が日本に
丘ポモとして
届くわけだが、

なにせ、
妻ジェラルディーナの料理の才能を見極めた夫は、

農家レストランを立ち上げ、
みるみる拡大していく。

もうこの辺でいいんじゃない?とも思うんだけど、

息子がワインづくりに興味を示し、
いまその道まっしぐら。

大学で農業を学び
その後醸造学の道へ、
ソムリエにもなり、
着々と夢に向かっている。

10年はたたないが、
その辺りから
小麦畑をブドウ畑に転換したのも息子に影響し、進化が目覚ましくなってきた。

いま、
農家レストランの
拡大と、
ワイン醸造用カンティーナを増築中。

あれよ、あれよ、と
アントニオ一家は進化していく。

私が初めて来た当初15年以上前は、
自宅も建築途中で(自分で作ってた)

レストランも、
カンティーナも、
なんにもなかった。

その間には
ご存知の方も多いが、

災害に立て続けにあい、
悲壮期間も多々あり、

それでも前へ進む
アントニオ一家は、
すごいの一言。

彼の甲斐性と、
妻のジェラルディーナの類まれな料理センスのお陰と功績は大きい。

てなわけで、
生産者に会う旅の最後は
丘ポモ荷造りの催促と、
料理教室!

「何でも好きなもの、知りたいレシピを言いなさい」と、

これまた懐のでっかいジェラルディーナ。

私は開口一番、
“デリィツィアリモーネ‼️”

この地区からはちょっと遠いが名物の菓子をお願いしたのです。

以前、大宴会時に
100名分を作ってたのを手伝ったとき、
出来上がりの精度があまりによく感動。

ただし、
レシピ配合などは
聞く余裕なく、
殺気立っていたクチーナで、ただただ、

一人で100名分の料理を裁くジェラルディーナに圧倒されっぱなしだった。

今回、快く、
しかも、
ちょいと七面倒くさい
この、
デリィツィアリモーネを

チャチャっと
作ってくれたー

うんまーい!

本家のソレントの
有名菓子店より、
美味しい。

これは、お世辞では
なーい!

ジェラルディーナ、
天才だ。

野生のオレガノ、
丘ポモ、

世界レベル(と私は思ってる)の産物を扱う私もラッキーだが、

この家族に出会った
のはもっとラッキー。

これからの
アントニオ一家の行く末がまだまだ楽しみ!

いま、彼が作る
ワインにも興味津々。

デリィツィアリモーネ、
田島の赤羽さんのレモンでつくるよー。

会津クチーナ特別講習、
やる気でいます!

#アントニオ
#ジェラルディーナ
#イルトルキオ
#丘の上のポモドリーノ
#野生のオレガノ
#デリッツィアリモーネ
#イタリア
#agriturismoitalia
#iltorchio
#montecalvoirpino
#campamia
#italy

@ Agriturismo Il Torchio

0703-09-01.jpg
玉子は自分ちの -場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-02.jpg
ふわふわスポンジ。これさえマスターすればそう難しくない
-場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-03.jpg
うまそー  -場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-04.jpg
ソレント、アマルフィ海岸の特産物レモンをたっぷりつかいます
-場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-05.jpg
チャチャっと -場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-06.jpg
クリームの硬さが決めて -場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-07.jpg
わお! -場所: Agriturismo Il Torchio

0703-09-08.jpg
アントニオとジェラルディーナ。運命共同体、という言葉がぴったり(笑)
-場所: Agriturismo Il Torchio




All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する