次のエントリー | 前のエントリー
この記事のURI : https://orcio.blog.fc2.com/blog-entry-60.html

マクロビオティックを学ぶ-5(最終回)

0804-盛3日朝

最終日の朝ご飯

あさ7:00から授業の始まり。
最終日の朝なのでみな張り切って起きました!

メニュは
白菜と人参の浅漬け
菜の花の一夜漬け
ブロッコリーののお浸し
たまねぎの金平


玄米粥
味噌汁

です。

向こう側が玄米粥。
玄米を中華なべで乾煎りすること15分ほど
その後5~6倍の出し汁でゆっくり約45分ほど煮込みお粥に仕立てていきます。
今回は(会場である)タンボロッジの料理長自家製・自慢の馬鈴薯の凍結乾燥した
アンデスの保存食チューニョを入れて煮ました。
マクロビオティックでは馬鈴薯は食べませんが
このチューニョは真冬の天気のいい日、
天日乾燥、そして凍みらせ(凍らせ)乾燥-凍結-乾燥-凍結を幾度となく繰り返し
凍み豆腐のような馬鈴薯に仕上がります。

松本先生いわく、陰性である馬鈴薯だがこれならとてもいい陽性食品に変わっていると。
興味を持たれた松本先生が朝のお粥で使ってみました。

チョーニョは結局ジャガイモなのですが
とても不思議な食感で凍み豆腐のように凍って中がスポンジ状態になっており
味がしみておいしいのです。
うっすらジャガイモの味がありいろいろな料理につかえるのだそうです。
アンデスでしか食べられない食材が会津の山奥で食べられるのです。


0804-盛とろろ


最終日の最後の授業はお昼のとろろ汁です

とろろの処理の仕方

まず直火でとろろの皮ごとを火にあぶり、出ているひげ(根っこ)を焼きます。
こうしてひげを取り除きます。

続いて皮ごとおろし金で摩り下ろしすり鉢へ入れます。

それからすりこ木棒でぐるぐるぐるぐるすりおろします。

交代でかなりすりおろしました。

大変な作業です!

松本先生の力がすごい!

すりこ木棒の回し方やってみると大変な作業ですが

先生は持続力が皆とぜんぜん違います。
また手早く力強いのでとろろに空気が一杯含みふわ~っと膨らみます。

同じようにやろうとしてもなかなか~~できないんです。

よくすれたら
出し汁と醤油を混ぜたものを加え
さらに一体化するようにすりつづけやっと出来上がり

これを3分搗き米のご飯にかけていただきました。
とろろは酵素の塊だそうで
あっという間に消化してしまうそうです。

たくさん出来たのでおひたしにもととろろをかけていただきました。

最終日最終授業もおいしいお料理をみなで堪能。
本当に有意義で充実した講習会でした。

またこんな機会がもてたらいいねと参加者で盛り上がりました。
松本先生また会津に来てくださいね!
心から感謝です!

おしまい

※このマクロビオティック講習会の模様はタンボロッジのブログでも
ご覧になれます。
タンボロッジのブログ




スポンサーサイト

All Comments

今頃コメント、失礼します。
朝倉様、今回はご参加をありがとうございました。
と、かしこまったところで・・・
たのしかったね~~~え!
そして、またやりたいね~~~え!!
今回は、料理の基本と、料理人の心意気を学んだ感じがします。
目からうろこがいっぱい取れちゃいました。
どうもお疲れ様でした。

でも、このところ、サボっていた「朝倉ブログ」、ずいぶん活発ですね。
時々見なくっちゃ。
(実は今頃見たもので・・・)

URL | 2008/04/21(月) 22:41:27 | タンボロッジの料理長 #Ztawh61w | [ 編集]

松本せんせが最高!

どもども~
しかし本当です今回は楽しかった。松本先生に直接ご指導いただいたのが何よりもよかったと思います。
なんてったってせんせの料理はおいしかったですよね!よくわからないマクロでしたがこれですっきりです~~またタンボロッジをお借りしてやりましょやりましょ。
朝倉ブログみてくなんしょ。タンボのブログに俄然刺激を受けております~~~
私もいつも見てますよ~

URL | 2008/04/22(火) 08:58:01 | アサクラ #- | [ 編集]

うひゃ~~
いつも見てるなんて、緊張するな~~!

最新作、ぜんまいの話し、すごいね。
手間がかるのはわかっていたけれど・・・
そうそう、松本先生の料理の姿勢も、その「手間ひまかける」でしたよね。
お互い、手間を惜しまず、精進しましょう。

URL | 2008/04/22(火) 21:22:39 | タンボロッジの料理長 #Ztawh61w | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する