FC2ブログ

わら一本

わら一本の畑に来ました。

マイケルとマルタ、
先月ずっと日本で
一緒でしたから、

またすぐ今回こうしてイタリアで再会し、

5月のイベントの話で
盛り上がったのは言うまでもありません。

しかも、
マイケルは日本語を習い始めたそうです(笑)

20日間日本滞在し、

自分のオイルに関わる人、購入する人、

また、
わら一本の名前の由来、

福岡正信さんのご家族にも会いましたから。

もっともっと、
日本の人がなにをはなし考えているのか
聞きたい、話したい、
と思ったから、だそうです。

なんてかわいいこと言うんだろ。

マイケル、マルタ、
本当にいい子達です。

畑や
イベントでも聴き慣れたトラジメノ湖に散策にと、

一日目いっぱい
マイケルとマルタと過ごしました。

オリーブの生育も順調、
秋の実りが楽しみです!

引き続き、
わら一本、白ラベル、
緑ラベルも

よろしくお願いします! @ Tuoro sul Trasimeno

トゥオーロ・スル・トラジメーノ

トゥオーロ・スル・トラジメーノ

トゥオーロ・スル・トラジメーノ

トゥオーロ・スル・トラジメーノ

トゥオーロ・スル・トラジメーノ

オトコ三人衆の料理教室

クリスチャンの畑の恵み尽くし

オトコ三人衆の料理教室。

美味しかった(意外に)
嬉しかった
楽しかった

心に響いた料理だった。

料理は、
誰がどんな想いで
つくるか伝わりますね。

#クリスチャン
#チェチ
#チェチの粉
#ファッロ
#アサクラパスタ
#マルケ州
#caimercati
#farro
#farinadiceci
#ceci
#marche
#italy

0627-03-01.jpg

0627-03-02.jpg

0627-03-03.jpg

0627-03-04.jpg

0627-03-05.jpg

0627-03-06.jpg

イタリア到着

あの子達は
大きくなってんだろうな。

#ファッロ
#シリアル
#5000年の種継
#クリスチャン
#マルケ州
#アサクラパスタ
#低温乾燥
#farro
#pastaitaliana
#caimercati
#lowtemperaturedrying
#asakuracoltd
#aizuwakamatsu
#fukushima

01-01.jpg

01-02.jpg

01-03.jpg

0613-01-04.jpg

【丘ポモ生産者・アントニオの畑支援のご協力お願い】

アントニオは丘ポモ(チェリートマトの水煮)野生のオレガノ(ドライハーブ)の生産者。
昨年行った時にすっきり細身になっているのに驚きました。
ダイエットの賜物だそうです。

IMG_4917_convert_20180524113012.jpg


季節野菜に自家製EVOと塩と彼の野生のオレガノを入れただけのサラダ。
これからの季節に欠かせないです!

さてここからが本題です。

ここ3~4年、立て続けに異常気象で洪水や干ばつで被害のあるアントニオ周辺地区ですが
一昨年は丘ポモの原料も全く取れない被害、
その前は洪水で畑が流されてしまいました。

そして今年は
数週間前に雪が降るようにひょうが降り、生育中の小麦に被害が出ました。
丘ポモの苗はこれから定植ですので被害はありませんでしたが、
昨年産の丘ポモが4月に入荷販売開始しましたが、あともう一回同じものが取り置きでアントニオの倉庫に保管してもらっています。

この被害の足しにチェリートマトと野生のオレガノご購入分いただいた分を
その一部を被害お見舞いとして寄付金にすることにしました。

orto_di_pomodorini1_convert_20180524114258.jpg


丘ポモと野生のオレガノの売上の1割をアントニオへの寄付にします。
そして取り置きしてある分のトマト代金も早く払えるように、
在庫を売り、次の便の注文ができるよう、
どうぞ、たくさんの方のご協力お願い致します!

IMG_4943_convert_20180524113153.jpg


追記/なんてったって丘ポモはおいしいんです!
常備調味料としてもおすすめです!

クリスチャンのファッロ全粒粉!

イタリア マルケ州

古代小麦ファッロと
チェチ(ヒヨコ豆)
レンティッキエ(レンズ豆)
をつくる
クリスチャンの家にきています。

こちら標高900m以上あり、
寒〜ぃ。
イタリアも数日前からだんだん朝晩冷え込んでます。

天然不順で
小麦や豆にも作柄に影響がでており、
小麦は粒が小さめ
豆の
レンティッキエは
豆皮表面がしわがれ、
日本には出せないと、
無し、
チェチも作付けた3分の一。

どれもこれも生産量減です。

それでも
クリスチャン家族は
明るく生きています!(笑)
クリスチャン、
妻のミケーラ、
ジョイア、ジョバンニ、ラビ三人の子供たち。
みな元気です!

クリスチャンと朝倉玲子
クリスチャンの3人の子ども


日本向けの消費、
ご理解くださる取扱い店さま、ご愛用者さまのお陰で
クリスチャンも少しずつ
放棄農地の借地での生産を増やしつつ
作付けが増えています。


環境保全に
自然栽培はもっともっと増えれば
小さな小さな規模ですが
少しずつ
何かが変わる、
とワタシクは思います。

生産量減など
天候不順で簡単にはいきませんが、

クリスチャンはまた種を蒔き
育て
多くの人を賄う食べ物を作ります。

栽培、消費、
環境保全のサイクル循環は
場と人で何をするかで
全く変わってきます。

賢く、よりよい未来に繋げる一歩として
ワタクシは彼を応援しています。

そして
クリスチャン家族や
アックアサンタ農園に
多くの方に来て見て体験してもらいたいです!

来年夏のアックアサンタツアーには
クリスチャン畑訪問も
組み込みますので、
是非彼らの畑、大地と
家族、彼らのシンプルライフを
ご自身の目で見に来て下さいね。

小麦が生産量減ですが、
ワタクシにとっては
大量!(汗)

パスタ用だけでは難しく
今回は500g入り
ファッロ全粒粉を販売することにしました。
テスト販売程度です。


では、これから
クリスチャン家の料理を紹介していきます。
製粉したばかりの、日本テスト販売予定の全粒粉での
料理にもご注目!


さて、これは何でしょう。
日本でいうところのウイキョウですね。
イタリア語ではフィノッキ。

ウイキョウ

こんな美味しくて柔らかなフィノッキははじめて!
おいしい!

食感はセロリ、
爽やかな香りと独特な味。

ウイキョウ2

こちらはカーボロネーロの本体。
結球しない黒キャベツ。
下はカーボロネーロを刻んだものです。

カーボロネーロ本体

カーボロネーロ

ファッロの小麦粒。
パスタの茹でてからいろいろ利用していきます。

ファッロ小麦粒

ファッロ全粒粉の自家製パンです。

ファッロ全粒粉の自家製パン

こちらがファッロ小麦の全粒粉。

ファッロ全粒粉

タリアテッレ
トルタアルテスタ
チャパティ
三種とその応用、
いろんなパターンを料理し
ました。


タリアテッレは卵だけで練ります。

タリアテッレのもと

アントネッラがこねました。

アント料理

タリアテッレのできあがり。

タリアテッレ

たまたま黒トリフもらったとかで、
トリフソース!
うまい!

卵麺は、
水だけよりぐんと麺が伸び
食べるときの食感がいい〜

黒トリフソース

ミケーラも料理手早いです。

ミケーラ

ウンブリア郷土料理トルタアルテスタ。
平たいパン、
特殊なテスタという、
フライパンで焼きます。

トルタアルテスタ

手前はオーブンで焼いたバージョン。

トルタアルテスタ2

トルタアルテスタ、オーブンバージョン。

トルタオーブン


こちらはオーブン付き薪ストーブ!
欲しい!

薪ストーブ

トルタを
クリスチャン手づくりクラテッロと共に!

トルタうまい


チャパティをつくるクリスチャン。
チャパティはクリスチャンが就農する前旅したインド仕込み。
ちょっとしたコツがありました。

チャパティ

チャパティ2

チャパティにチコーリア(タンポポ)を詰めてカルツォーネ風に。

チャパティ具
カルツォーネ風

チャパティ3

全粒粉ですが、
全く感じさせない食感、味、色。
どれも粉の味がして美味しい。

あんまり美味しくて
食べ過ぎちゃいました。
が、
今朝体はすっきりです!


では最後にクリスチャンの長女ジョイアの作品をご覧下さい。
鉛筆削りでデザイン。すてきでしょ。

ジョイア






















次のページへ | 前のページへ