FC2ブログ

イタリア夏ツアーとアックアサンタ

アサクラ主催イタリアツアー、今年もあと数日で出発です!


夏のツアーはウンブリア州とトスカーナ州の生産者巡りを中心に
中部イタリアを堪能していただきます。

中部イタリアは
良質のオリーブオイルを作る産地として世界中から注目されている地域です。

その気候風土が作り出すオリーブ果実そのものと
搾油所のレベルが高さが
高品質のオリーブオイルを作りだす理由です。


わたしも20年近く前、日本向けにオリーブオイルを輸入するにあたり、
北から南までイタリアのさまざまな地区のオリーブオイルを歩き探した折り、


ウンブリア州のオリーブオイルの洗練された味、気品ある風味に
衝撃を受けました!

私は南イタリアでオリーブオイルの良さに開眼しましたが、
南のものとはまったく違う、とその時知りました。

この地区のが欲しい!
この地区のオイルを輸入したい!って思ったのですが、

いかんせん、高すぎてとっても手が出ませんでした。


私は南イタリアのオルチョに最終的に決めたのですが、
南のオリーブオイルはそれより北のものに比べ割安。

南部の果実は含有するオイルの割合が多いのが主な理由。
(これは日照や降雨量、土地柄の関係で)


また南のオリーブオイルは比較的マイルドで甘いオイルの為、
日本の食材に何でもマッチしやすい。

醤油とも全く違和感なく調和をとってくれます。

その反面、中部イタリアのオイルは違います。
スパイシー且つ個性がやや強いので

オリーブオイルを食べなれない方や初心者には材料と合わせるのがちょっと難しい。


そういうわけで
コストパフォーマンス的にもオルチョしかない!
と思って、始めたのです。
(オルチョに決めたのはその他、いろいろな理由があります)


しかし、オルチョから8年後にいろいろないきさつからウンブリア州のアントネッラと出会い、
今考えると、憧れのウンブリア州のオリーブオイルを取り扱うことになりました!


取り扱いのいきさつは、長い長いストーリがあります!
是非ご一読を!

第1話 奇跡の出会い~第19話うんちの謎まで19話是非全部読んでください!
http://orcio.blog51.fc2.com/blog-entry-160.html


そんなわけで~
取扱いは始めることにはなったのですが

私が以前衝撃の味わいを持ったウンブリアのオイルを
食べた時のことはアントネッラのオイルを初めて食べた時はありませんでした。

というか、そういうこともすっかり忘れていました。


元々農家ではなく都会ミラノからの移り住んできた生産者のアントネッラ。

オリーブオイルを製造する上で、
彼女の認識は甘く、
オルチョを食べている人には全然、問題外のオイルでした。(おいしくなかったってことです)

いや~実にもったいない。もったいない。


畑は実に素晴らしい。

ナラや樫、広葉樹が広がる森の中に突如現れるオリーブ畑。
たいがいはオリーブは、はげ山の丘陵地帯に点在するのが普通ですが

ここは生物多様で自然豊か。
その中でめぐる自然サイクルの多様性は他の比ではない。

自然栽培でナチュラルライフを本当に実践している生産者アントネッラの人柄や自然に向き合う姿勢など
非の打ち所がないのですが、

収穫から搾油まで、そしてその後の管理が行き届いていなかった。


オルチョを食べている人には通用しない!


それでまずは畑の管理から搾油所、収穫に関することすべて
アサクラスタイルでやってほしいことを伝え、

すごかったのは、それをアントネッラが忠実に私の期待に沿うよう
工夫と努力をしてくれたこと!
(紹介者を介したわけでなく、ひょんなことから自然栽培でオリーブをつくっているというまったくもってあいまいな情報をもとに
私は、いきなり訪ねていきました。見ず知らずのどこの馬の骨ともわからない私に対して!)



2009年に初めてのアントネッラのオリーブオイル・アックアサンタが日本に届いてから
昨年秋にとれたものが今年初めに届き7年目。(そのうち2年ヒョウと花の時期の乾燥で果実がとれませんでした)

毎年味わっている人もそう、いないと思いますが、
年々おいしくなっているアックアサンタです。


アントネッラのオリーブオイル・アックアサンタは
あの私が初めて食べて衝撃を受けたウンブリアの気品あるオリーブオイルになっている!
(そうなってみて、衝撃のウンブリアのオイルの事を思い出した!)


土地柄と気候風土がこれほどまでも
農産物に影響するのか、というのを

ワインもそうですが、オリーブオイルでも感じることができます。
しかし、どんなオリーブ果実でも本来の土地柄の個性がオイルに反映するとは限らないのです。


しかし、
アックアサンタはこのようなうんちくを知らなくても、
極上の味と風味、醸し出す雰囲気は

オルチョ輸入16年目に入りますが、
お客様も進歩、それに気づく人は少なくありません。

本当に、アントネッラの努力と、
私の期待するものが何か、よく理解してくれた。

これを書きながら、初期を思い出しながら
アントネッラに改めてありがとうと言いたい!


そのアントネッラ宅のウンブリアの古民家を農家民宿にし
数年前から夏にアサクラ主催のツアーを催しています。

今年からは基本、
アサクラアイテムをご愛用のお客様に限りお連れするツアーとさせていただいています。


夏のツアーは特に、昨年まではどなたでも参加できるツアーとしていましたが、
受け入れのアントネッラの都合上、
(それと、わたしの体力の都合上)


ご愛用者とまたは会津クチーナ料理教室で勉強していただいた方のフォローツアーとしてのみ
開催します

たくさんの方から今年のツアーにご参加したいと
お問い合わせをいただきましたが、ごめんなさい。


ただ、農家民宿アックアサンタは宿泊施設ですので
個人的にお泊りに行っていただいてもちろんOKです。

その場合は
下記にアクセスし、直接やり取りをお願いします!
アックアサンタホームページ
(イタリア語または英語のみのコンタクトになります)


ツアーにご参加、今は無理だわ~という方も、

オリーブオイル・アックアサンタで
ウンブリアの森に吹く風を想像し、味わっていただけます!

この味わいをご自分のものにしてから現地に行くとより、良さがわかります!



現地からはツアーの模様をfacebookで発信予定です。
(7月2日~10日)
アカウントをお持ちの方は どうぞご覧ください!



IMG_1074の縮小
オリーブの木に鳥の巣。こういうのもありそうであまり見ません
農薬を使わないこともですが、生物多様のお蔭です。

IMG_5316.jpg
アックアサンタのオリーブ畑 


IMG_1158の縮小
オリーブ収穫の時期は良質のオイルをとるための最重要課題。アックアサンタは適期に集中して収穫します

IMG_5335の縮小
正真正銘のエキストラバージン アックアサンタ!

IMG_5320.jpg
農家民宿アックアサンタ

IMG_8748の縮小
2015年産極上のウンブリアのエキストラバージンにやっとなりました!

画像 2842
左はアントネッラ。
隣は次女の孫娘、レベッカ。
私が出入りするようになり2年後に難病を発症、彼女にありたったけの愛情を注ぐアントネッラ。
難病を患う家族がいることの様々な問題とレベッカ自身をみていろいろと考えさせられています。
アントネッラは『レベッカ基金』を立ち上げ彼女の成長にかかわる経済的な支援の一部として畑でサフランを栽培し販売しています。


アサクラHP
http://www.orcio.jp








アックアサンタ2015年産!

今年はアックアサンタもあります!

こちらはアサクラオイルより一足早く収穫が始まっていました。


アントネッラ、
今年はさらにいいアックアサンタにする為に
夏から、気合が違いました。

10996235_1643841122557034_2247144863265484396_n.jpg


そして、
アックアサンタ2015産できましたよ〜
しぼりたて!

味は間違いなく、
美味しいことでしょう!

なお、2015年産のご注文受付は来年入荷次第となります!


12144909_1644108472530299_1715691567903441837_n.jpg


12088554_1644108565863623_8655939253566058434_n.jpg












明日からアックアサンタツアー

アサクラ農園にはヒョウが降ったらしい。
しかも二度も!


花の時期が終わり実がつき始めた農園の影響はどうか、
明日からイタリアに出発します。



今回の旅は

おなじく自然栽培のオリーブオイル「アックアサンタ」が昨年秋からひそかにオープンした
農家民宿としての「アックアサンタ」に泊まりイタリアの夏を満喫していただくツアーです。


募集はいつしたの?と何人からお問い合わせが有りましたが、
募集する前に一杯になってしまいました。
申し訳ございません!



さて、そもそもなぜアックアサンタを農家民宿にしたのか?から語りたいと思います。


オーナーのアントネッラは自然を愛する人にここに来て集いリラックスしてほしいというのが
根底にあります。

常にだれかしらが集うアックアサンタでは有りましたが
友人知人だけではなくもっと多くの自然を愛する人々にと言う想いはずっと以前からのものです。



そして!

オリーブだけでは成り立たない経済状況を打開する為!

農家民宿として軌道に乗せたい、ということなのです。


ワタクシも、彼女と出会って6年になり、ずっとこのアックアサンタをみて来ました。
ワタクシが出入りするようになった辺りから


愛する孫のレベッカが難病を持って生まれてきたことがあきらかになり

アックアサンタ自体が暗雲に乗り始めました。


自然栽培の貴重なオリーブオイル、その貴重な畑の維持は
日本発売が可能になり少しずつ軌道に乗り始めていた矢先二年に渡りヒョウ被害で収量激減、


孫のレベッカの問題などほんとうに困難に立ち向かっているアントネッラに

農家民宿を軌道に乗せる起爆剤はワタクシが担当する!



日本からのツアーを企画してあたためていたのがやっと実現です。


小ぎれいな農家民宿が山ほどあるイタリアですが、そういうのではなく
いまのありのままの素朴なアックアサンタ民宿ですが

アントネッラのお家にホームステイする感覚で
皆さんには泊まっていただくつもりです。


この日のためにアントネラットと綿密に計画を練ってきました
(な~んて綿密ってイタリア人にはありえないかも、そこそこ自分たちで盛り上がりながら)


ウンブリア州の山の中にあるオリーブ畑、澄んだ空気、すばらしいウンブリアの景色
それは贅沢にあります。


参加者はすべてオルチョをはじめ、講習会の常連様、そしてお取扱店様、

全員、アサクラファンです!ありがたいことです~



今回はアントネッラを介してご縁の繋がった同じく自然栽培の小麦・マメ栽培のクリスチャンの住む
マルケ州まで足を伸ばし、収穫寸前の小麦畑を見てもらいます。
奥さんのミケーラが自家製作物をたっぷり使い手作り料理も楽しんでいただきます。


また最後にはジャム生産者ラディーチも近いのでちょっくら寄ってどんな環境で
作物が栽培されているかを見ていただきます。


ラディーチのジャムやジュースはこんなに質がよくおいしいのもないと思っています。
ワタクシが食べ続けたい、そして生産者の彼らを応援する意味でも販売はずっと続けるつもりです。
いい製品であるということをアナウンスしていくつもりです。

そういう意味でもツアーに盛り込み、参加者さんたちの目でそれを見ていただこうと思っています。



アントネッラ家族と(長女夫婦は今は旦那の故郷スイス在中)
アントネッラ50

クリスチャン家族と(子だくさんのクリスチャン)
クリスチャン50


ラディーチのサンドラとビッビアーノ家族こちらも大家族
サンドラ60


ワクワクドキドキのツアーになります。



もちろんFacebookではリアルタイムで報告していきます。
ご覧になりたい方はFBのアサクラからご覧下さい。

















春のイタリア報告

3月の末からイタリアに行って来ました。
剪定ともろもろの打ち合わせです~


まずはウンブリアのアックアサンタです。

7月にお客様ツアーを開催する事になったのでその打ち合わせ、
マルケ州のファッロ小麦と豆の生産者クリスチャンとも合流し、作付の打ち合わせもしてきました。

ウンブリアは内陸の州です。
ラッツィオ(首都ローマのある)・マルケ(豆のクリスチャン)トスカーナ(ラディーチのジャムの)に
Map-Italy-Regione-ウンブリア

囲まれています。

ウンブリアは豆やひまわり、小麦の産地と知られています。
もちろんオリーブ畑もあります。


アックアサンタは

森の中にあるオリーブ農園。

そして今年からアグリトゥリズモも始めました。
寒いくらいの気温でしたが


畑の下草が伸び始めて春の訪れを感じさせます。

畑85

花があっちこっちに咲いています!
春春春~~~♪
畑2 75
色々な種類の野の花です。
ちょっと摘んでみました~
花束
きれいでしょう~

あっという間に花束が出来ました~


さてさて~
訪問は丁度パスクア(イースター)に重なり、
いろいろなこの時期の料理をご馳走になりました。

おいしい報告をさせていただきます!


ブラッドオレンジ
パスクアには関係ありませんが
このブラッドオレンジ!めっちゃおいしいのです~
冬の味覚ですが、ぎりぎりこの時期ぐらいまで楽しめるオレンジです。


正しくはタロッコオレンジという品種で中がこのように赤みがかっており
(熟すと完全に赤くなります)

適度な酸味がありもちろん甘く、みずみずしい。

ものすごくジューシー。。。。

あ~~思い出しただけでも口の中が。


日本にも輸入品の果汁がありますが、しぼるのとそのままとなんと味の違うことか!

これはしぼって飲むところですが、わたしは断然


そのまま食べるのが好き!



だって~おいしすぎるんですもの~~

食べ物って生の状態でも

千切、乱切り、いちょう切り、すりおろし、しぼり、そのまま


って全部味が違うと思いません!?

このタロッコオレンジは果肉が重要!


一粒一粒~
それが固まりになって
房になって~

そのまま口に放り込み噛んで、じゅわ~~と甘みと酸味が徐々に。

果汁とはまったく別モンです!


どうも日本に売ってるらしいのですが、
なかなかそうは手に入りませんよね!

オリーブの塩漬けとタロッコオレンジの生は現地で食べるしかない!
行くしかないのです~~~


さて~ご馳走になった料理の数々です。
チーズパン
これはパスクアのチーズパン。

チーズをこれでもか~~って練りこんだパンで、
チーズを食べているようなパンです。
ぎっしり~~~

おいしい~~これだけで大満足!


チーズの塊を練りこんだのではなく、たぶんおろしチーズが入っているんだと思います。


そしてこれはタルト菓子
パスティエラ
アントネッラの友達が持ってきてくれた、手作りです。


これもこの時期だけ食べるドルチェ。パスティエラといい、

小麦をまるごと牛乳で長時間にてつくる独特なお菓子です。
これはナポリの郷土菓子。
つくるのみたことがありますが、


ものすごく時間と手間がかかります。

ワタクシなら絶対つくりません!

小麦のつぶつぶがほどよくやわらかく、
これは甘さ控えめでおいしい~~おいしいしかいえない!ヴォーノ!


ひよこ豆
クリスチャンが合流し、アントネッラがささ~~っと作りました。


チェチ(ひよこ豆)のペースト

レモン汁とアックアサンタ(もちろんオリーブ油の)、そしてにんにくを入れて
煮たチェチをバーミックスにかけただけ。
シンプルなパンにたっぷり塗るといくらでも食べられます。


そしてこちらは同じくクリスチャンのレンティッキエ
レンズ豆
レンティッキエ(レンズ豆)を水煮し、米を加えてアルデンテに。
塩とアックアサンタのみの味付け。


アントネッラらしい一皿、シンプルすぎですがなかなか美味。
これはいいかも~


こちらはアーティチョーク
アーティチョーク

花の蕾なのですが、食べるまでにこれがなかなか手間です。

下処理が必要、食べれるのは花のガクの部分と下の茎(内側)のみ。
ほとんど捨てなきゃならない~~~

どんぶりに浮かんでいるのが食べられるガクを縦に四分の一にカットしたものです。

アーティcy-苦料理
シンプルに蒸し煮。
アックアサンタと塩、にんにくだけ~~~


なんともいえないお味。
ワタクシの大好物です。


筍と里芋をまぜて2で割ったような味と触感です。

まずそうって?

そんなことございません!(笑)


さてパスクアは

キリストの復活を祝うお祭りです。
この時期独自の料理をつくりお祝いします。
そのなかで
キリスト教的に新しい命と信仰のシンボルとしての鶏卵を飾り祝う習慣もあります。

子供たちが来る前日、ワタクシとアントネッラでその卵を飾り付けしました。
アントネッラが端布でこんな風に飾りつけ、ワタクシは顔を書きます~
15個もつくりましたよ!


パスクア卵


パスクアの翌日はパスクエッタといい、
飾り付けした卵を隠し、見つけっこをして遊びます。

見つけた
アントネッラが庭のあちこちに卵をかくします。
卵かくし
かわいいでしょう!(笑)


たのしい~~


チョコ卵
こちらは食事後子供たちにチョコで出来た卵がプレゼントされます。



アントネッラの孫(次女の娘)レベッカ。
まるごとかぶりつき!



あ~~たらふくいただき、みんな大満足。


その後は、ツアー用トレッキングの下見に片道一時間の散歩(とはいえないかなりハードな)をし
すばらしい~~景色をみてきました!


ん~夏のツアーは楽しみだ。




アックアサンタのオリーブ畑も昨年の大剪定のお陰で若枝がたくさん出ています。
今年はたくさん実がなるといいな。







報告はまだまだ続きます。










2012年春 アックアサンタ

無事イタリアから戻っています。

さて、すでに2011年産アックアサンタが届いておりもう味見されている方もいるでしょう。
春のアックアサンタの様子を報告いたします。




アックアサンタ。
こちらは剪定がほぼ終了しました。

アックアサンタ1

アックアサンタ2

日当りが比較的若木の木と木のゆったりした部分は下草が生えてきてますが標高差と内陸部ということで
アサクラ農園より何もかも遅め寒いです。


アックアサンタ3


この日はちょうどイースターでした。
陽が照ってますが非常に気温が低く
着ぶくれしてるのはワタクシ。

アックアサンタ4

しかし、オリベート(オリーブ畑の事を言います)は気持ちいい度200%
なんでこんなに気持いいの?

というくらい気持ちいい(しつこい?)


イースターはイエスキリストの復活のお祭。
アックアサンタは宗教色全く無しの
ちょい豪華なランチを家族だけで楽しみました。

アントネッラが手打ちタリアテッレを作りました。
パスタの粉は

ファッロ小麦
蕎麦粉
米粉

をそれぞれ三分の一ずつ、

アックアサンタ5


水の入らない卵麺、
卵は二種類、

大きいのはガチョウのたまご!
(ひぇ~)

アックアサンタ6

卵、こんなに差が!


パスタマシーンで二人で手分けして伸ばしタリアテッレにしました。
テーブルに敷いたクロスは100年前から受け継いだヘンプ(大麻)のクロスだそうです。

アックサンタ7

本物はもちますね~
タリアテッレも美味しそうでしょ!



タリアテッレのソースはカルチョーフィ(アーティチョーク)と
トマトベースのラグー


アックアサンタ8

紫色のアザミ系の花の蕾のアーティチョーク。
ガクと茎の部分を食べます。


アーティチョークは下処理しアックアサンタと塩だけ、水を加えて蒸し煮しただけのシンプル味。

アックアサンタ9

ワタクシの大大好物です。
この時期の旬野菜です。


ソースも出来上がり麺と和えました。

アックサンタ10

左は娘バルバラが作りました。
シンプルラグー。


サラダ用レタスを畑に摘みに

アックアサンタ11

サラダは洗って盛り付けて
アックアサンタと塩だけ

アックサンタ12

テーブルセッティング用の花を摘みに行きましょう、とアントネッラ。

アックアサンタ13

ライラックです。


ライラック
りんご
カキツバタ
フジ
フジに似た黄色花、
その他いろいろ摘みました!

アックアサンタ15


お腹かなりすきました!
Buon appettito!!!

アックアサンタ16


娘バルバラとそのパートナーが一年前スイスから戻り
アントネッラと一緒に住んてます。
左はパートナーのジャッキーノ。
バルバラは五月末に男の子出産予定。
アックアサンタもどんどん状況が変わります。

アックアサンタ17

翌日もイースター休日。
友人が集まり一品持ち寄りランチ。
食後は散策を兼ねてアックアサンタ(こちらは湧き水)を汲みに皆で。

アックアサンタ18

森の中はかなり湿気があり植物も通常見られないものがあります。
これは野生のシクラメン。

アックアサンタ19

湧き水、アックアサンタです。

アックアサンタ20

美味しい水です。
アントネッラはこれのおかげでミネラルウォーターは買いません。


アックアサンタのテラスから望む景色。天気がいいと素晴らしい眺望です。

アックアサンタ21


アントネッラのオリーブオイル2011年産は今年到着で三年目です。

初年度から味わっている方は
この三年の変化にお気づきの方も多いと思います。

初めてアックアサンタのオリベートを見て環境を見た時の驚きは忘れられません。

ほったらかしの、剪定も全くしない野生化したような荒地まではいきませんが、その一歩手前でした。

味みも、惨憺たるものでしたが
改良すれば
素晴らしいものになると私は確信しました。

そして、訳のわからぬ私を信じて私の指示に従い、そして今年二月に昨年産が届き
味をみて、この三年の成果が顕著にでており、
アックアサンタのオリーブ畑が畑として機能してきたのを感じ嬉しく思います。
三年目のアックアサンタ、本当に素晴らしいものに仕上がっております。


6月にはアックアサンタお客さまツアーを企画しています。
そちらもお楽しみに!











次のページへ | 前のページへ